人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

雨の合間の月

e0189021_23100374.jpg
昨夜、大雨が降っている最中のわずかな晴れ間中の月。
完全な満月ではなく上がやや欠けている

e0189021_23093322.jpg
満月の今夜。
上がって来たと思ったらすぐ雲に隠されてしまった。
地元の人も困惑するおかしな気象状況な毎日である




[PR]
# by itn_m | 2018-08-26 23:14 | | Comments(0)

出番を待っている

e0189021_22373085.jpg
旧盆最終日を現地の言葉でウークイという。
帰って来た祖先をお見送りする日である。
その日に伝統行事として、毎年獅子舞を行っている。
沖縄の各地域で行われていて、おおむね邪気払い、厄除け、住民の無病息災を願う行事のようである。

当日は熱低が通過し生憎の雨模様。
スコールのように雨脚が強くなる時もあり、残念ながら獅子舞は中止となってしまった。
出番がなく、少しさびしげな獅子であった。





[PR]
# by itn_m | 2018-08-25 22:58 | 備忘録 | Comments(0)
e0189021_22574619.jpg
観光客に人気のケラマジカ。
初めてここに来た時にはなかなかお目にかかれない動物だったが、ここ数年で集落でもふつうに観られるようになって来た。
また夜間にしか観られないようなことが論文にも書かれているが、最近では日中でも観られる時が多い。
畑の作物や庭木を食べてしまうので地元住民には不評な生き物である。

そしてこの写真。
タイミングを逸してしまったのだが、ハシブトガラスがシカの背中や顔の辺りを突いているところを目撃した。
その前の日も海岸でシカに群がっているカラスを見た。
島の人にシカに付いているダニ類を食べているのではないか、という話を聞いた直後でもあった。
アフリカでスイギュウやカバの背中に乗って寄生虫を食べているウシツツキという鳥と全く同じことをしているようである。

知床や奈良でも同じようなことが行われているようだ。
以前からこのような行動はあったものの、人の目に触れなかっただけなのか、近年に行われるようになった行動なのか、どうすれば実証できるだろうか。
いずれにしても両者とも数が多いのは確かである。




[PR]
# by itn_m | 2018-08-24 23:12 | 自然 | Comments(0)

夏が戻って来た

e0189021_22193482.jpg
台風18号が来て以来、秋らしく涼しくなったと思っていたら急に暑くなった。
まだまだ夏は続く感じである。

そして静かになったと思ったのもつかの間。
明日から旧暦のお盆が始まり、地元の人々が活気づいて来た。
こちらは旧暦行事をきちんとするので、なかなかに忙しいのである





[PR]
# by itn_m | 2018-08-22 22:25 | 備忘録 | Comments(0)

静かになった島

e0189021_23082836.jpg
昨日、今日と島にいる人が少なくなった。
台風の所為かと思ったが、先週末に内地のお盆休みが終わったからだと気がついた。
6月末の梅雨明けから始まった騒がしい日々がひとまず終了したようだ。




[PR]
# by itn_m | 2018-08-21 23:14 | 備忘録 | Comments(0)