人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そして辺野古へ

e0189021_21425235.jpg
工事ゲート前では大勢の人が抗議を行っていた。

中央遠くに見えるのが、護岸工事用のクレーン。
予定では明日早朝から土砂投入を実施するらしい。

明日14日は海上大行動を行うと聞いた。
海岸のテント小屋はひっそりとしてたが、嵐の前の静けさだったのだろう。
現状を見に行って話を聞く事しかできないが、少しでも多くの人にこの事実が伝わればと思う。






[PR]
by itn_m | 2018-12-13 22:13 | 外出記 | Comments(0)

美ら海水族館

e0189021_21425298.jpg
沖縄には何度も来ているのにここは初めて。
年間600万人来園者があるとか。
お金があるなぁって感じだった。






[PR]
by itn_m | 2018-12-12 21:57 | 外出記 | Comments(0)

名護博物館


名護市にある名護博物館主催のタカの渡り調査報告会にお邪魔して来た。
今年はアカハラダカの渡りのピークに台風が二度も直撃したため、昨年より数が半減以下になってしまった。
サシバは大きな群れの確認が二回あり初の1万羽超えを記録した。
例年よりも気温の低下も早かったようで、渡りも早く終わってしまったようだった。
来年以降、共同できれば何か面白い事実が解るかも知れない、という楽しみができた。

e0189021_21425208.jpg
写真は先月撮影したサシバ幼鳥です





[PR]
by itn_m | 2018-12-11 21:39 | 外出記 | Comments(0)

壜よりビュービュー

e0189021_21260756.jpg
二十四節気の大雪(たいせつ)を境に最高最低ともに気温が急激に下がった。
さらに北東風が吹き続け、気温は20℃くらいあるが体感的には10℃ちょっとという感じ。
北回帰線くらい南に行かないと、大陸からの寒さから逃れられないかも。

写真は先月末のまだ穏やかだった頃、朝日を浴びてのんびりしていたアマサギ。
2羽ほどいるが、渡るのか越冬するのかまだ不明。




[PR]
by itn_m | 2018-12-09 21:35 | 自然 | Comments(0)
e0189021_22141457.jpg
去る12月1日。
予報とは裏腹にやや風強く、時折雨がパラつく空模様。
そんなこんなで釣り大会本番、27日の釣りは予行演習だったのだ。

e0189021_22141444.jpg
25cmほどのガーラ(カスミアジ)。
全くもって小さいのだが、こちらでは高級魚なのでうれしい

e0189021_22141420.jpg
たぶん○○○とつくミーバイ(オジロバラハタ?)。
これもかなり小さいが美味しい魚。
大きくなるとこの倍くらいにはなる。

e0189021_22141506.jpg
地元の人はシロダイと呼んでいる高級魚。
メイチダイ属の魚だと思うので、標準和名のシロダイで良いかもしれない。
まぁまぁのサイズ。

e0189021_22141529.jpg
自分で釣った魚では今までで一番大きいと思われるアザハタ1kg。
これでも全く話にならず、箸にも棒にも掛からない成績だった。

e0189021_22141507.jpg
釣った魚を船揚げ場でさばく人々。のんびりした感じである。

この翌日昼前頃、突然胃が痛くなりそのまま20時間寝込んだ。
しばらくグッタリしてから復帰すると何だか仕事が舞い込んで今日に至ると言う具合。
タイトルに何のヒネリもない(笑






[PR]
by itn_m | 2018-12-05 22:32 | 備忘録 | Comments(0)