人気ブログランキング |

人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:海( 288 )

素晴らしき海況

素晴らしき海況_e0189021_23141678.jpg
大晦日に荒れたが、徐々に回復しべた凪となった3日。
今回は南の無人島へ向った

素晴らしき海況_e0189021_23141619.jpg
水面から見てもこの風景。

素晴らしき海況_e0189021_23141721.jpg
本人は水に入らずカメラだけを水中へ。

素晴らしき海況_e0189021_23141728.jpg
無人島へ上陸。
この風景もやはり南国なのである。

素晴らしき海況_e0189021_23141748.jpg
人がほとんど来ない浜には巨大イセエビの仲間の脱皮殻。
比較的新しいので、この辺りにはいるのであろう。

素晴らしき海況_e0189021_23141706.jpg
気持ちの良い日と休日がもっと重なるとうれしい。





by itn_m | 2020-01-04 23:23 | | Comments(0)

釣った、捌いた、食べた

1年ぶりに師匠に釣りに連れて行ってもらえた。

釣った、捌いた、食べた_e0189021_21313300.jpg
まさかこの方法で釣れるとは思わなかったアオヤガラ。
1m弱の大きさだ、頭が1/3くらいある

釣った、捌いた、食べた_e0189021_21313474.jpg
ハタ科の一種。餌とほぼ同じ大きさ

釣った、捌いた、食べた_e0189021_21313495.jpg
餌の約1.5倍くらいしかない。
見たことあるはずなのだが、何だかわからず調べ中

釣った、捌いた、食べた_e0189021_21313470.jpg
ナガジューミーバイ(バラハタ)のお腹から出て来たスズメダイの一種。
これも調べ中。

ここまでだと全く釣果がわからないが、二人だと3日くらいは食べられる魚を釣ることが出来たのは確か。
食べられそうもないものや小さいのはリリースしました。
アオヤガラは思いのほか美味しかった。






by itn_m | 2019-12-15 22:00 | | Comments(0)

離れ難い

離れ難い_e0189021_21213509.jpg
歩いて5分、泳いで10分でこんな光景に出会えるこの島。
しかも11月も後半、本州以北では雪が舞うような季節にである

離れ難い_e0189021_21213571.jpg
広く美しい景観から1cm足らずの幼魚まで。
観たいものが多過ぎて何に焦点を合わすか悩んでしまうほど、多種多様な生き物が生息している。
どうやって居続けようかも悩んでしまう今日この頃…





by itn_m | 2019-11-24 21:28 | | Comments(0)

非日常へ


内地の生活からしたらここも十分非日常っぽいが、生活してするのと遊ぶのとはやっぱり違う。

非日常へ_e0189021_21482307.jpg
そんなこんなで非日常を求めて漕ぎ出した。

非日常へ_e0189021_21482375.jpg
フラクタル。って今も使うのだろうか(笑)

非日常へ_e0189021_21482332.jpg
若いサンゴの群落が美しい

非日常へ_e0189021_21482464.jpg
いるとついつい撮ってしまうメガネオウギガニ。かわいすぎる

非日常へ_e0189021_21482416.jpg
ナガジューミーバイ(バラハタ)。
シガテラ毒を持っているらしいが、地元の人もふつうに食べているし大丈夫でしょう。
っていうかここでは何度も美味しくいただいています。
初っ端から釣れて欲を出したら、これ以降は釣れなかった(笑)





by itn_m | 2019-11-12 22:08 | | Comments(0)

久々の海中散策

久々の海中散策_e0189021_22150031.jpg
なんだかんだと忙しく、多分2ヶ月ぶりくらいに入る海。
こんなに枝サンゴの群落があったことにさえ気づきませんでした

久々の海中散策_e0189021_22150097.jpg
いつものところにいつものカクレクマノミ。
ここのイソギンチャクは小さいからかいつも2匹

久々の海中散策_e0189021_22150073.jpg
良い天気が続いたのに海に入れず悶々とした日々。
少しはストレス解消できたと思います





by itn_m | 2019-11-02 22:32 | | Comments(0)

貝殻図鑑

貝殻図鑑_e0189021_22142482.jpg
地元の小学生が集めた貝殻。
いろいろあって写真記録だけですが、ちゃんと調べたら立派な図鑑になるはず





by itn_m | 2019-10-19 22:42 | | Comments(0)
休みの日。
仕事としてできない鳥の調査のあと。
素敵にきれいな海をぼんやり眺めていたら

気候変動サミットなんてものがあったらしいが_e0189021_22531368.jpg

気候変動サミットなんてものがあったらしいが_e0189021_22531327.jpg
飛んで来るものは渡り鳥だけじゃない。
湘南、三浦あたりだったら大問題になりそうなくらい低空飛行でやって来た米軍機。
地域協定から外れているので自由に訓練できるらしいが、観光で儲けようと企んでる国家としては如何なものか。
ただでさえ、港の周辺は工事現場だらけでイメージダウンなのに。

こんな話はつまらないのでこんな写真

気候変動サミットなんてものがあったらしいが_e0189021_22531351.jpg


このカニはどのような状況なんでしょう?



by itn_m | 2019-09-27 23:12 | | Comments(0)

全てのことに感謝!

全てのことに感謝!_e0189021_22391407.jpg
と1cmに満たない生き物も言っているようで。
こちらも必死に記録しました。

沖縄も台風の影響がかなりあるものの、今のところ普通に生活できています。
千葉県、神奈川県の三浦半島は想像以上の被害にあっていました。
無理のないようにお過ごしください、としか言いようがありません。
一日も早い復旧をお祈りしています。





by itn_m | 2019-09-13 22:46 | | Comments(0)

念願叶って見たわりに

念願叶って見たわりに_e0189021_22152511.jpg
初めて見て感動した割には、その後メガネオウギガニを発見したり台風に翻弄されたりPCが臨終間際になったりでないがしろにされていたキンチャクガニ。
ハサミの位置にあるあるフサフサがイソギンチャク。
これをハサミでつかんで防御に使っているという非常に面白い行動をするカニなのです。

念願叶って見たわりに_e0189021_22152583.jpg
おどかすと、両手に持ったイソギンチャクで防御する姿を図鑑などで見たことがあるので、出て来たところ見計らってちょっと実験してみたところ。
おどかしすぎたのか逃げるのに必死でそんな姿は見られませんでした。
ちなみに写っているのは人差し指の先っちょです。
念願叶って見たわりに_e0189021_22152589.jpg
チアダンスのエンディングのように走り去るのを見送りました。
すごくかわいい生き物なのですが、いまいち目つきが悪く見えてしまうのが難です。





by itn_m | 2019-09-12 22:32 | | Comments(0)
ゆっくりゆっくりやっと抜けた今日の朝。
ひょっとしたらひょっとするかも、と思って浜に行ってみた。

台風一過ですごいものが来た_e0189021_22515196.jpg
想像以上のものが流れ着いていた。
体長4.5m。顔はイルカに似ているがちょっと大きい。
図鑑とクジラに詳しい知人の情報で、アカボウクジラの一種だろうと。

台風一過ですごいものが来た_e0189021_22515295.jpg
見に来ていた人々はみんなイルカと言っていたが、この顔を見たらそう思うかも。
この手の鯨類は見たことがなかったが優しい顔つきだ。
決め手は歯がなかったこと。
歯を入手すれば同定できるかもと思って死後硬直した口に手入れてみたが確認できなかった。

台風一過ですごいものが来た_e0189021_22515139.jpg
身体には無数の丸い傷が付いていた。
ダルマハゼじゃなくて、ダルマイカじゃなくて、ダルマザメの噛んだ痕だった。
ダルマ何とかまではわかったのだが、すぐには思い出せず。
ダルマザメを改めて見たら、生き物とは思えないすごい造形をしている。

台風一過ですごいものが来た_e0189021_22511596.jpg
役場の対応が早かったのでちょくちょくあることなのかと思ったらそうでもないらしい。
もう少し早かったら第一発見者、もう少し遅かったらこの出来事は知らないで終わった。
個人的にはタイヘイヨウアカボウモドキのような気がしているが果たしてどうだろうか。
美ら海水族館の研究者に調査に来て識別して欲しいと思う。

天神島でコマッコウを見つけたのが在勤2年目すぐ。
今回も2年目すぐ。クジラとの縁が何かあるようなないような。
こことの縁もあるようなないような…





by itn_m | 2019-09-06 23:26 | | Comments(0)