人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:自然( 347 )

e0189021_22341350.jpg
頼まれて撮影したがボツになった阿嘉島一押しニシハマビーチのパノラマ写真。
もっと美しい瞬間があるはずだ、と。
そりゃそうかもしれないが、いったいそこまで拘って何に使うのだろう。
用途によってはたくさん貰わなきゃね




by itn_m | 2019-02-12 22:42 | 自然 | Comments(0)

南国っぽい植物


e0189021_23174675.jpg
名護で開催されたエコツーリズムのシンポジウムに行ってきた。
その出張先で森林の中を歩いた。
小笠原にはマルハチという巨大なヘゴ科の植物を見てさすが亜熱帯と思ったし、訪れた名護の森でも同じ仲間のヒカゲヘゴが多々見られた。
阿嘉島でも亜熱帯林ツアーが出来ないものか、ちゃんと調査したいものである




by itn_m | 2019-01-30 23:31 | 自然 | Comments(0)

毎日こんな感じだったら

何とか面倒な調査は終了し、無事にセルフ忘年会開催(笑)

e0189021_21210869.jpg
渡嘉敷島の有名な阿波連ビーチの昨日。
真夏に行った時とまるで違う様子だった。
こちらの方が観光地っぽい感じだったけど、冬は静かなものである。

今日も朝一は同じ感じだったが昼頃から様相は一変し、冬の大荒れな海一歩手前に。
調査を途中で終えて波しぶきでビチョ濡れになって帰って来た。

何事も段取り次第である。









by itn_m | 2018-12-23 21:28 | 自然 | Comments(0)

久しぶりなので油断した

必要にかられてシカの資料用の写真を撮るため獣道に行った。
枯れ枝が散在するくらいで下草も全くないところだ。

ところが出て来てぎゃっとなった


e0189021_21480648.jpg
パンツの裾にびっしりと付いたダニーたち。
最低気温が15℃くらいになったので大丈夫かと思って本当に油断した。
そういえば新島はもっと寒いのに、それなりに活動していたっけ。

e0189021_21480685.jpg
もっとエグい感じの写真もあるが、これならまだ見られるレベルか。
わーい、わーいと喜んでいるかのようだ。

e0189021_21480720.jpg
ガムテープで掃討した。
ヒマな人は数えてみてください。

シャワーを浴びてきれいになったはずなのにまだムズムズする




by itn_m | 2018-12-18 21:57 | 自然 | Comments(0)

壜よりビュービュー

e0189021_21260756.jpg
二十四節気の大雪(たいせつ)を境に最高最低ともに気温が急激に下がった。
さらに北東風が吹き続け、気温は20℃くらいあるが体感的には10℃ちょっとという感じ。
北回帰線くらい南に行かないと、大陸からの寒さから逃れられないかも。

写真は先月末のまだ穏やかだった頃、朝日を浴びてのんびりしていたアマサギ。
2羽ほどいるが、渡るのか越冬するのかまだ不明。




by itn_m | 2018-12-09 21:35 | 自然 | Comments(0)

それなりに晩秋

e0189021_23312779.jpg
いつの間にかツワブキの花が咲いていた。
神奈川にいた時も秋が深まった時に見たような気がする花だ。
内地に比べて2週間くらい遅い。
沖縄も南国のイメージしかなかったが四季はあるようだ

e0189021_23312727.jpg
違うのは吸蜜に来る生物だろうか。
渡りをするチョウとしてメジャーなアサギマダラ。
渡りの途中か、越冬地にするのか、一月前くらいからぼちぼち見かける。
ツワブキが咲く時季にさすがに関東にはいないと思うがどうだろう?





by itn_m | 2018-11-23 23:38 | 自然 | Comments(0)
e0189021_22350156.jpg
ケラマジカ。
亜熱帯に生息する、ここだけにしかいないと言う理由で天然記念物に指定されたシカ。
10年くらい前は夜しか見られなかったのだが、今ではこの通り、人の生活圏にふつうに入って来ている。

e0189021_22350104.jpge0189021_22350135.jpg
さすがに子どもが利用する公園がシカ糞だらけとは、と思ったのか2-3年前に対策をしたらしい。

e0189021_22392988.jpg
しかしシカの方が一枚上手のようで園内にはこのように…

e0189021_22410333.jpg
っていうか、設置の仕方が甘いのではないかと思う。
真ん中しか歩かない訳はないのだ。

観光客には受けは良いが、地元に人に話を聞くとしかめっ面する人が多い気がする。
天然記念物なので仕方ないとは言え、野放しはどうかと思う。
畑の作物、鉢植えの花への食害、然るべき措置を取らないとお互いに不幸になる。
しかもダニも増えているし、自然植生への影響も大きいだろう。

天然記念物指定しかせず、その後の対応をきちんとしない文科省が一番悪いのだが。






by itn_m | 2018-11-21 22:44 | 自然 | Comments(0)

今日は海の日だった

e0189021_21310713.jpg
ご覧の通り、天気も良く波もなく風も弱く最高の海況。
しかも船が一隻もなく人もいない。
今日は海へ行くべきだった…





by itn_m | 2018-11-07 21:34 | 自然 | Comments(0)
e0189021_21442263.jpg
渡りをするチョウとして割りとメジャーなアサギマダラ。
ここでもチラホラ見てはいるが、渡りの途中なのかいつもひらひら飛んで行ってしまっていた。
昨日ようやく吸蜜している個体に出会えた。
しかし吸蜜している花がどうにも残念。
ランタナという世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている植物なのである。
花が少ない時期に咲いているのがこれしかないってのも…

先月の27日からずーっと安定して吹き続けている北〜東風もいくらか落ちてきたような。





by itn_m | 2018-11-05 21:54 | 自然 | Comments(0)

寒々しい毎日

台風が去って3〜4日は安定したが、突如前線ができ週末をはさんで雨模様の日々となった。
台風は秋風も運んで一気に気温も下がり、南国の地でも最低気温が20℃を下回った。
さらに今朝、というか2:00頃には直近での落雷が相次ぎ生きた心地がしなかった。
落雷とともに豪雨にも見舞われ大変な夜となった。

e0189021_22460721.jpg
普段はほとんど水の流れていない側溝が濁流になり青い海が一変茶色く濁っていた。
浅いところにいるサンゴや魚は無事だろうか

e0189021_22393179.jpg
オキナワウスカワマイマイと思われるカタツムリの仲間。
雨続きでこんなところまで登って来た。


季節の変わり目が激し過ぎるような気がする…







by itn_m | 2018-10-15 22:52 | 自然 | Comments(0)