人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:鳥( 242 )

チュンチュンも旅立った

e0189021_14473320.jpg
何年も修理しては使っていた巣箱

e0189021_14473448.jpg
こちらも那覇へ向う日の朝に全てのヒナが旅立って行った





[PR]
by itn_m | 2018-05-15 14:46 | | Comments(0)

チュンチュン奮闘記

e0189021_13544381.jpg
引っ越し前で忙しかったので、備忘録的穴埋め記録。
庭木にかけている巣箱には今年はスズメが利用した。
ヒナがかえって大きくなってからは、親鳥が本当に忙しそうに食べ物探し

e0189021_13544392.jpg
本当にあちこち飛び回ったり、歩き回ったり。
写真を撮るのも一苦労だった。




[PR]
by itn_m | 2018-05-01 13:30 | | Comments(0)

3月皆勤賞?

e0189021_17472135.jpg
3月に入ってからほぼ毎日のようにやってくるツグミ。
先月まではこちらの気配を感じると、すぐに飛び去ってしまったのだが、まるで意に介さないように軒先までやって来る。
前とは違う個体が通うようになったのかも




[PR]
by itn_m | 2018-03-24 17:51 | | Comments(0)

地元の海岸へ


午後になってぽかぽかしてきたので、近くの海岸まで出かけてみた。
海岸ではBBQを楽しむグループが何組かいた。
そして頭上を黒い陰がよぎる

e0189021_21413348.jpg
トビであった。
BBQグループの隙を狙っていた。
そして少し離れたところでお昼を食べ始めた我々の頭上にもやってきた。
江ノ島のやつが出庭って来てるのか、それともここのやつも学習したのか。
いずれにしても油断も隙もない

e0189021_21413459.jpg
海岸ではほとんど鳥は見られなかったが、海上にぽつんと浮かぶ鳥を発見

e0189021_21413422.jpg
カンムリカイツブリ。
最近では、三浦半島や鎌倉などでも観られる数が増えているようだ。
波打ち際に近いところでは1羽のみだったが、もっと沖合には複数羽いた。
以前ここにいたシロチドリやミユビシギの群れは今回は観られなかった。

観察できた鳥:カンムリカイツブリ、ウミネコ、ユリカモメ、トビ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト 以上
なんだかさびしい




[PR]
by itn_m | 2018-03-18 21:55 | | Comments(0)
e0189021_17224936.jpg
雪が溶け地面が見え始めた北の大地。見慣れない鳥が群れていた。
積雪の多い時にはほとんど鳥がいなかったので、久々に観られた鳥に色めき立った。
群れで地面にいるのでホオジロの仲間だろうか、歩いている姿からするとセキレイの仲間だろうか。
と少ない知見と図鑑をフル動員してもわからない

e0189021_17224931.jpg
一緒にいた友人に観てもらい、ようやくヒバリであることに落ち着いた。
比較的標高の高い雪の高原に、ヒバリが群れているとは夢にも思わなかったのである。
それと特徴的である冠羽(頭の上にある文字通り冠のような羽)が立っていなかったのも勘違いのもとだった。

ヒバリに関しては、バードウォッチング界の巨匠とも言える高野伸二さんも同じような失敗をしていたようである。
林の中から聞こえてくる小鳥の声が全くわからず、その声の主を探して行き着いたところは農家の軒先で飼われていたヒバリの声だったり、空高くさえずるものと思っていたら河原の石の上でさえずるヒバリを観て驚いた話など、かつて読んだ鳥のエッセイを思い出した。

巨匠でさえ間違えるのだからと安心したが、中途半端な先入観を持って観察するのは間違いのもとであるということを改めて感じた春分前のとある一日の出来事であった





[PR]
by itn_m | 2018-03-16 17:18 | | Comments(0)

朝の一コマ

e0189021_22502446.jpg
庭に来てはいるが、今シーズンなかなか撮れなかったジョウビタキ。
水浴びシーンも撮り損ない、良いところにとまったところを狙ったが、ぴょんと飛び立ちこの一枚に終わる





[PR]
by itn_m | 2018-02-26 22:54 | | Comments(0)

夕暮れの一コマ

e0189021_22284318.jpg
家人が庭の畑仕事を終えた夕暮れ時。
どこで見ていたのか、一羽のモズがやって来た

e0189021_22320909.jpg
耕された地面で食べ物を探していたが、道行く人に驚いて電線に避難

e0189021_22330746.jpg
先にとまっていたシジュウカラが突然の襲来に慌てる

e0189021_22284436.jpg
しばらく困っていたが、諦めて滑降体勢に

e0189021_22284416.jpg
別に追う訳ではなく、人がいなくなったのでこちらも滑降体勢に。
ほぼ同じ体勢がなんだか面白く





[PR]
by itn_m | 2018-02-24 22:28 | | Comments(0)

困っている2羽

e0189021_22513402.jpeg
大雪が降った先週の月曜日以降、連日最低気温氷点下の日々が続いている。
そのために庭の小さい池も分厚い氷に覆われている。
やってきたツグミとキジバトもどうしたものか思案しているようだった。
溶かしてあげれば良いんだが、鳥より早起きはできません、ごめんなさい




[PR]
by itn_m | 2018-01-29 22:57 | | Comments(0)

スズメの食べていたもの

e0189021_18200193.jpg
ここのところ毎日やってくるスズメ。
庭木にとまって何やら食べていた

e0189021_18180032.jpg
ニシキギの枝先にくちばしを伸ばして

e0189021_18180034.jpg
何かをつまんだ。
わかりづらいが、中央の芽がひとつ無くなっていた。
肉眼ではとてもじゃないがわからないが、写真に撮ってみてわかった。
食べ物の少ない冬は大変なのである









[PR]
by itn_m | 2018-01-20 18:35 | | Comments(0)
庭をボンヤリ見ていたら地面をちょこちょこ動いている鳥がいた。

e0189021_18163850.jpg
スズメかな、と思ったのだがちょっと違う

e0189021_18163883.jpg
なんとウグイスだった。
声はよく聞くことがあるが、いつも薮の中にいてなかなか姿は見られない。
そんな鳥が明るい場所に出てきて、スズメのように地面を跳ね回っている姿にちょっと驚いた

e0189021_18163980.jpg
草の間に頭を突っ込んで食べ物を探している

e0189021_18163998.jpg
が、結局何を食べているのかはわからなかった。
越冬中の昆虫か、はたまた植物の種などか。
いずれにしてもごくごく小さいものだったように思えた





[PR]
by itn_m | 2018-01-13 18:40 | | Comments(0)