人気ブログランキング |

人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:備忘録( 117 )

祝? 一周年

e0189021_23174948.jpg
去年のいつ、この地に降り立ったかよく覚えていなかったのですが、記録によると5/16のようでした。
当時、下船してから初めて撮影した写真がこれです。
自分の乗って来た船が出航する様子を撮ったのかと思ったら、船が那覇に戻る時間を見計らって港にやって来てわざわざ撮影したようです。
乗って来た船が隣の座間味島に向けて出航する時間は11:45で、この写真の撮影時間は15:30でしたから。
どれほど内地に未練があったのでしょう(笑

次の日の写真は、目の前の海岸で撮ったヤドカリ類やスズメダイ類の幼魚だったので安心しました(笑
ここの自然はまだまだわからないことばかり。
謙虚に接していきたいと思っています。





by itn_m | 2019-05-16 23:41 | 備忘録 | Comments(0)

卒業シーズン

e0189021_21365909.jpg
3月は高校生になって島を出て行く子ども、移動になって本島に帰る教職員の送別会ラッシュだった。
そしてこれが最後のお別れの船送り。

e0189021_21365933.jpg
昨日は大雨の中、慶留間島の子どもと教職員が旅立った。
昨年まではこちらが見送る側になるとは思いもしなかった。
が、何だか置いてけぼりになったような気分にもなった。





by itn_m | 2019-03-27 21:50 | 備忘録 | Comments(0)

ほぼほぼ強風強雨

気がついてみた2月からずっーーーーーーーーーーと雨続き。
しかも一週間に一、二度三度はかなり強い降り。
今現在も台風ほどではないけど暴風雨。
気温はかなり高いけど、これだけ続くと嫌気がさして来る。
ここは寒気と暖気の境みたいで、前線が次々通り過ぎる。
さらにはプレートの境界でもある。
地震もいつ起きてもおかしくない立地であることは確かだ。

そして軍事の境界線でもあったりする。
自然も過酷だし、社会的にも過酷。
飲まなければやってられないのかも?

e0189021_23495963.jpg
雨の合間をぬって見つけたコチドリ。
環境的には好きそうな場所ではあるが、渡りの通過地点と言ったところで繁殖はなさそう。
本命のヤツガシラは未だに発見できず。
隣の座間味島では確認されているのだが…






by itn_m | 2019-03-10 00:00 | 備忘録 | Comments(0)

豪雨な朝

e0189021_21093181.jpg
出勤時間に前線通過中。レーダーが真っ赤な時近く

e0189021_21093136.jpg
普段は青い港内も一瞬にして真茶々。
いかにスゴい豪雨だったかわかる。
いやはや本当に安定している時期がない。

でも数時間後には濁りがなくなったのにはこれまたスゴいと思った





by itn_m | 2019-03-07 21:21 | 備忘録 | Comments(0)

ハチユクシー

e0189021_23552015.jpg
昨日は旧暦の元旦で、今日は沖縄方言で仕事始めの日ということです。
旧暦で行うのは主に海を生業にする人たちで、漁船には大漁旗が飾られていました。
主要な家では宴が催されていて盛り上がっていました。

誰でも参加できるようでしたが、初見では入りづらく静観することに。
いろいろ考え過ぎてしまうのも如何なものかと思うのですが。
ゆっくり慣らしていきたいと思います。





by itn_m | 2019-02-06 00:18 | 備忘録 | Comments(0)
e0189021_17075495.jpg
初めて年末年始に働いた。
そうこうしているうちに正月も3日になってしまった。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。




by itn_m | 2019-01-03 17:11 | 備忘録 | Comments(0)

大晦日なの?

e0189021_20063207.jpg
あの日の午後からずっと北風が吹き続け、空もこんな感じの毎日。
ちょっと太陽が出てホッとしたのもつかの間、またまた曇天曇天。
去年が良過ぎたんだろうと思う。

いろいろあったが、とりあえず一年終了。
みなさま良いお年をお迎えください。
明日は日の出が見れると良いなぁ。





by itn_m | 2018-12-31 20:10 | 備忘録 | Comments(0)
e0189021_22141457.jpg
去る12月1日。
予報とは裏腹にやや風強く、時折雨がパラつく空模様。
そんなこんなで釣り大会本番、27日の釣りは予行演習だったのだ。

e0189021_22141444.jpg
25cmほどのガーラ(カスミアジ)。
全くもって小さいのだが、こちらでは高級魚なのでうれしい

e0189021_22141420.jpg
たぶん○○○とつくミーバイ(オジロバラハタ?)。
これもかなり小さいが美味しい魚。
大きくなるとこの倍くらいにはなる。

e0189021_22141506.jpg
地元の人はシロダイと呼んでいる高級魚。
メイチダイ属の魚だと思うので、標準和名のシロダイで良いかもしれない。
まぁまぁのサイズ。

e0189021_22141529.jpg
自分で釣った魚では今までで一番大きいと思われるアザハタ1kg。
これでも全く話にならず、箸にも棒にも掛からない成績だった。

e0189021_22141507.jpg
釣った魚を船揚げ場でさばく人々。のんびりした感じである。

この翌日昼前頃、突然胃が痛くなりそのまま20時間寝込んだ。
しばらくグッタリしてから復帰すると何だか仕事が舞い込んで今日に至ると言う具合。
タイトルに何のヒネリもない(笑






by itn_m | 2018-12-05 22:32 | 備忘録 | Comments(0)

理想の定点?

e0189021_23171931.jpg
ここに来て初めて望遠鏡を仕事で使った。
タカの渡り自発的調査。
ここに来る前にビデオ雲台を壊してしまったので、やや不自由ではある。
が、こんなリゾートみたいなところで定点なんて、何となく場違いな気もしている(笑







by itn_m | 2018-09-20 23:21 | 備忘録 | Comments(0)
e0189021_23005510.jpg
近所のおじさんが釣れた魚を持って来てくれるようになった。
とても助かるのだが、ついに観賞魚が来てしまった。
調べたり、人から聞いたりして下のロクセンスズメダイは食べてみた。

恐る恐る口にした

結果は、かなり普通の白身だった。
小骨が多いし、身が小さいので食べにくいってだけで敬遠されるのかもしれない。
もっとも内地には食べるほどいないけど。
こちらは本当に売るほど群れております(笑)

チョウチョウウオは…
知人のアドバイスで海に返しました。
今後釣られないことを祈ります、っていうか餌のヤドカリを食べるのが驚きである(笑)
写真は動揺したので、正式の左向きではありません(笑)







by itn_m | 2018-09-12 23:09 | 備忘録 | Comments(0)