人気ブログランキング |

人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

e0189021_23360709.jpg
日本産最大種のひとつであるオオゴマダラ。
図鑑によると普通と稀との中間くらいにランク付けされている種類です。
阿嘉島では数多く乱舞している時期があるので、そんな貴重な種類だと思っていませんでした。

e0189021_23360717.jpg
黒地に赤い斑点、そして節々に薄い緑色のライン。
幼虫もそれなりにインパクトはありますが、それだけでは人気の理由にならないでしょう。

e0189021_23360787.jpg
これが人気の最大の理由でしょう。
オオゴマダラの蛹です。ほんとうに金色に光る蛹でした。
野外では見つけられず、飼育個体で確認することができました。
飛翔している姿も優雅で美しいですが、この蛹を見たら自然の造形美に脱帽するしかありません。
生きる宝石のひとつと言っても良いでしょう。

気になったのは日本産最大種のひとつというキーワード。
ひとつと言うからにはほかにもいるかと検索したがネット上では見つからず。
ほかの最大種がわかる人がいたらぜひご教授ください。





# by itn_m | 2019-05-24 00:06 | 自然 | Comments(0)

王様の耳はロバの耳

上陸一周年の次の夜。
時間ができたのと、雨が降ったり止んだりと条件が良かったので探索に出かけました。
勘が働いたのか、なかなかに貴重な生き物を見つけてしまいました。

しかしながら

ものがものだけにネットで公表して良いものか判断に迷うところです。
と、ここまで書いたら勘の良い人にはわかってしまうでしょうけど。

e0189021_22484833.jpg
目的の種はこれではありませんが、砂浜でヤモリを見たのが初めてなので代わりに。
ミナミヤモリでしょうか?
捕まえないと識別ポイントを見るのが難しいので、写真だけでは判断するのはちょっと困難です。
やはり見る回数を増やすしかありません。
ちなみに目的の生き物は見れば一目瞭然の特徴を持っています。
素直に言いたい(笑








# by itn_m | 2019-05-18 23:17 | 自然 | Comments(0)

祝? 一周年

e0189021_23174948.jpg
去年のいつ、この地に降り立ったかよく覚えていなかったのですが、記録によると5/16のようでした。
当時、下船してから初めて撮影した写真がこれです。
自分の乗って来た船が出航する様子を撮ったのかと思ったら、船が那覇に戻る時間を見計らって港にやって来てわざわざ撮影したようです。
乗って来た船が隣の座間味島に向けて出航する時間は11:45で、この写真の撮影時間は15:30でしたから。
どれほど内地に未練があったのでしょう(笑

次の日の写真は、目の前の海岸で撮ったヤドカリ類やスズメダイ類の幼魚だったので安心しました(笑
ここの自然はまだまだわからないことばかり。
謙虚に接していきたいと思っています。





# by itn_m | 2019-05-16 23:41 | 備忘録 | Comments(0)

わかりそうでわからない


今回は柔らか系生物。

e0189021_22254628.jpg
ウミウシのようでウミウシではない、と評判?になった生き物のヒラムシ。
ウミウシは軟体動物で貝類の仲間ですが、こちらは扁形動物なので大本のグループから違います。
これはヒョウモンヒラムシでよさそうです。

e0189021_22254681.jpg
こちらも上と同じ種類でしょうか。よくわかりませんでした。
掲載した2個体は地味な感じですが、ウミウシと間違えるほどカラフルなのもいます。
ウミウシ好きの人たちがウミウシだけでは飽き足らず、一時期ヒラムシウォッチングが流行ったと思いましたがまだ続いているのでしょうか?


e0189021_22254600.jpg
イソアワモチ。こちらはウミウシと同じ軟体動物です。
イソアワモチは空気中で肺で呼吸、ウミウシ類は水中で鰓呼吸することが大きな違いでしょう。
三浦半島でも見ましたが、こちらのはサイズが違います。
三浦では大きくてもせいぜい5cmくらいでしたが、こちらには手のひら以上のがいたりします。
さらにはこちらではイソアワモチを食べる習慣があるようです。
貝の仲間なので食べても不思議ではないのですが習慣がないと戸惑います。
ちなみにアワモチという名前は食べられるからではなく、形態が似ているから付けられたようです。

e0189021_22254711.jpg
正真正銘のウミウシ。
とてもわかり易そうな特徴のウミウシですが、手持ちの図鑑とネットではわかりませんでした。
エビ、カニもそうですが、非常に悩ましい生き物です。






# by itn_m | 2019-05-15 23:08 | | Comments(0)

ちょっと暑苦しい


今日は午前中は奉仕活動。
ご飯を食べて自主調査。
アマミホシゾラフグの産卵礁と似たものを見たという情報があったのでその確認。
見つかりませんでした…

e0189021_22421891.jpg
イノーシリーズ。
南国なのに毛がボーボー、その名もケブカガニ。
よく見るとまつ毛まで生えている!

e0189021_22432697.jpg
そして見合ってる。
以前の職場だった三浦半島の天神島でも見たカニですが、南国にこんなにいるとは思いませんでした。

e0189021_22421812.jpg
背中も足もボーボー。
暑くないのかしら?

e0189021_22421810.jpg
こんなポーズで固まっているのもいました。
右手を振り上げて何をしようとしているのか、まったく謎です(笑

図鑑によると日中は隠れていると書かれていますが、出歩いている個体がたくさんいました。
実際に見ないとわからないことも多々ありますね。

夜は昨年以来のバレーの試合に参加しました。
明日起きれるかなぁ…






# by itn_m | 2019-05-13 23:07 | | Comments(0)