人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

通りすがりのウミガメ

e0189021_23164423.jpg
クジラを探しにいった帰り道。
水面移動しているウミガメを見つけた。

e0189021_23164483.jpg
こちらに気がつき急速潜行。
いそうな水中にカメラを向けて適当に撮影。

e0189021_23164411.jpg
なんとなく写っていた。

クジラはお隣渡嘉敷近海にいたようで空振りだった。




# by itn_m | 2019-02-21 23:28 | | Comments(0)

同じ鳥なのに

e0189021_21472281.jpg
那覇の繁華街の一角。
ふつうにキジバトがエサを探して歩いていた。
阿嘉島では足下はおろか、集落ではあまり見たことがない。
人がいるところでは学校の校庭くらいだろうか。

e0189021_21472278.jpg
内地ではヤマバトと言われているくらいなので本来は山里の鳥。
何時しか緑の多い市街地に居着くようになったので、本来のような生き方をしている個体群はむしろ貴重なのかも。

e0189021_21472196.jpg
こちらは以前住んでいた場所で写した内地のキジバト。
亜種リュウキュウキジバトの方が目の周りが赤かったり、体色も全体的に赤っぽいと思う。
あまり良い比較の写真ではないことをご容赦ください。

阿嘉島ではなかなか撮る機会に恵まれないのです…





# by itn_m | 2019-02-18 22:05 | | Comments(0)
e0189021_22341350.jpg
頼まれて撮影したがボツになった阿嘉島一押しニシハマビーチのパノラマ写真。
もっと美しい瞬間があるはずだ、と。
そりゃそうかもしれないが、いったいそこまで拘って何に使うのだろう。
用途によってはたくさん貰わなきゃね




# by itn_m | 2019-02-12 22:42 | 自然 | Comments(0)

実に半年ぶりのカヤック

e0189021_22403258.jpg
せっかく組んだのに拠ん所ない事情により放ったらかしになっていたカヤックを漕いでみた。
気温はそれなりに高く、ちょっと真面目に漕いだら暑いくらいの陽気。
最近荒れ気味な天気が、少し落ち着いて来た気がしたのだが、湾から外に出るとそれなりに荒れていた(笑

e0189021_22403238.jpg
背中が黒くお腹が白い鳥が岩の上に。
珍鳥か、っと色めき立ったが、カワウかウミウであることは間違いない。
双眼鏡も望遠レンズもなく確固たる証拠はないがウミウで良いと思う。
近づこうと努力したが、岩に叩き付けられそうになりここが限界。

e0189021_22403280.jpg
別の浜ではシカが密会中。
上陸寸前まで接近したら固まったが、それまでは激しく戯れついて交尾までしていた。
繁殖期はとっくに過ぎたのに。擬似行為か、それとも南国なんで二回繁殖するのか。
新たな疑問が生まれた。

e0189021_22403299.jpg
シカのいた岸近くの海中。
びっくりするほどのサンゴ群落が広がっていた。

船外機のある船は安全だし楽だけど。
その船が行けないところに行けるのがカヤックの良いところ。
これでクジラも見られたら最高だったのだが、そうは問屋が下ろさなかったのでした。





# by itn_m | 2019-02-07 23:17 | | Comments(0)

ハチユクシー

e0189021_23552015.jpg
昨日は旧暦の元旦で、今日は沖縄方言で仕事始めの日ということです。
旧暦で行うのは主に海を生業にする人たちで、漁船には大漁旗が飾られていました。
主要な家では宴が催されていて盛り上がっていました。

誰でも参加できるようでしたが、初見では入りづらく静観することに。
いろいろ考え過ぎてしまうのも如何なものかと思うのですが。
ゆっくり慣らしていきたいと思います。





# by itn_m | 2019-02-06 00:18 | 備忘録 | Comments(0)