人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー

2018年 11月 13日 ( 1 )


素晴らしきコンディションの日々は終わり、今朝は久々の大雨。
30分ほどドバーッと降り続き、その後は何もなかったように上がった。
降り方が尋常じゃないのがこちらの特徴なのだろうか。
もっとも今日は家の作業があるので天気が悪い方が都合が良かったのだ。
天気が良かったら海に入りたくなってしまうので。

e0189021_21421817.jpg
タイトルとは全く関係なく、またまたランタナに来ていた吸蜜系の生き物。
ホシホウジャクという蛾の仲間なのだが、九州以南には類似種が多いらしくホシホウジャクかどうか。

e0189021_21421763.jpg
一昨年に撮影したハチドリの仲間。
コスタリカノドジロフトオハチドリに行き着いたのだがこちらも怪しい。
なぜ唐突にハチドリかというと、前述のホウジャク類と関係がある。

e0189021_21421765.jpg
ホシホウジャクとハチドリ、日本国内では混同されてるケースの多い生き物なのだ。
写真で見てしまうと触覚やらくちばしには見えない長い口など違いは瞭然である。
しかし野外で飛んでいる姿だけを見ると意外と似ていて中途半端に知っていると間違える可能性は大きい。
事実、ハチドリを見たという問い合わせが博物館などにもあると聞いた。
大概はこの蛾を紹介すると納得されるケースが多いようだが。

まぁ鳥だし、ハチドリにはかなりの距離を無補給で飛ぶ種類もいるようなので一概に否定は出来ないのだが。
でもさすがに大西洋や太平洋は横断できない気がする。
目撃例が増えたらちょっとした事件になると思う。





[PR]
by itn_m | 2018-11-13 22:21 | Comments(0)