人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

2012年 06月 13日 ( 1 )

梅雨の合間に

昨日は本当に寒かった。
30度近い気温を体感した身としては、昨日の気温はかなりつらかった。

寒くてツライとか、通り魔は凄惨だとか、ヒドい政治だとか、とかく、いろんなことを嘆いてしまう、全くもって人間とは不便な生き物だ(自分だけか)。

そんな事象に構わず、自然の動物は淡々と生きている。
梅雨の合間に見たそんな一コマ。

e0189021_21245967.jpg
電線にとまっている巣立ったばかりのツバメの幼鳥。
親鳥がやってくると口を開け、羽を広げて必死でアピールする。
左のやつはもらったばかりなので割りと無関心

e0189021_2125070.jpg
食べものを空中で口移し

e0189021_212505.jpg
そしてすぐ離れる

e0189021_2125054.jpg
ご満悦の様子。
観ている間に親は何回かやってきたが、きちんと順番に食べ物を与えていた。

寒いのなんのと言ってはいられない。
できることを必死でやっている。
[PR]
by itn_m | 2012-06-13 21:40 | | Comments(0)