人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

長いお別れ


どこでも生きることができるタフさがあり、尚かつ繊細な芸術家の面も合わせ持っている。
それでいていつもユーモアを忘れない。

巨匠が逝ってしまった。

知性があり、自立していて、屈折していること

これがあって、人として一人前だと言われたのが初めての出会いの時だったか。
自由奔放に生きてきた数少ない人だと思う。

e0189021_051829.jpg


今はとりあえずゆっくりお休みください。

本当にありがとうございました。
[PR]
by itn_m | 2015-12-08 05:00 | 備忘録 | Comments(0)