人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

暗闇からの使者

ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒューゴゴー

ズ、ギィー、ズ、ギィー、ズビヤック、ズビヤック、ズ、ギィー、ズビヤック

という爆音と怪音が繰り返し頭上から聞こえてきた午前3時。

噂に聞いていたオオジシギという鳥の登場であった。
しかし全くの暗闇で姿は見ることができない。
飽きることなくひたすら頭上を飛び回っている。

e0189021_2132843.jpg
日の出を迎え、ようやく姿を見ることができた.
大きな音の割には意外と小さい。
30cmくらいだから、くちばしの長さを考えたら身体はヒヨドリより小さいかもしれない

e0189021_2132174.jpg
並んで飛んでいる。
あちこちで聞こえたのでやはり複数羽飛んでいたのだった

e0189021_21393878.jpg
翼をすぼめ、尾羽を思い切り開いて急降下している。
この時に爆音を出すようだ

e0189021_2132674.jpg
夕方、日の入り間際から再び活動開始。
月に雁、ではなくオオジシギ

音をカタカナで標記するのはとても難しいので、人によっては違うように聞こえるかもしれない。
しかし一度聞いたら、鳥に興味のない人でも忘れられない怪音に違いない。
それにしてもこのような派手なパフォーマンスをなぜ誰の目に付かない時間帯に行うか謎である。
[PR]
by itn_m | 2015-05-01 21:48 | | Comments(0)