人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

昨日の続き

e0189021_2154388.jpg
ある生き物の一部のアップ。
肉眼ではわからない形状に驚く

e0189021_215431.jpg
リュウモンイロウミウシの触覚である。
光くらいは感じることはできるだろうが、この形状では見るという機能はないと思える。
さまざまな微細な物質を繊細に捕えるような気はする

ほかに4種類のウミウシを見つけた

e0189021_2154489.jpg
アオウミウシ。
定番中の定番。
1cm未満のものと3cmくらいの個体を見つけた

e0189021_2154442.jpg
ムカデミノウミウシ。こちらも定番中の定番。
1cm以下の小さい個体がたくさん見られた

e0189021_2154582.jpg
コモンウミウシ。定番ではないが、探せばいつも見つかる一種

e0189021_2154522.jpg
サラサウミウシ。
春先から梅雨前くらいまで見ることはあったが、この夏真っ盛りの時期はちょっと珍しいかもしれない
うーん、水温が上がらないことの裏付けだろうか
by itn_m | 2014-08-22 22:15 | | Comments(0)