人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

これは想像以上

朝から晩まで盛りだくさんだった1日。
いろいろ記録したが、この地に来て初めて体験した出来事をまずは。

夕食後に部屋でくつろいでいると、小さな虫が入り込んできた。
ひょっとすると重要な昆虫であるかも、と思ってそのままにしておいた。
が、だんだんと数が増えてくる。捕まえてみるとシロアリの一種のようだ。

窓を見ると、びっしりと網戸にこびりついていた。
慌てて窓を閉めてカーテンをひいた。
これが噂に聞いていたシロアリの繁殖シーズンだったのだ。

そろそろ大丈夫かな、と恐る恐るカーテンの隙間から見るとかなり数が減っていた。

e0189021_2345622.jpg
最初は隙間なくびっしりといた。慌てていて記録し忘れてしまったのだ

e0189021_2344976.jpg
網戸の隙間から入り込む個体。油断も隙もない

e0189021_2345382.jpg
別の目的で外に出ると街灯という街灯に集まっていた。
昆虫が集まらないとされるナトリウム灯にも

e0189021_2345058.jpg
シロアリといえばこれ、オオヒキガエル

e0189021_2345864.jpg
ここぞとばかり集まり、シロアリを捕食していた。
家の庭のヒキガエルと違って、かなり警戒心が強く、ちょっと近づいただけでも逃げてしまった(家のは鼻つらをなでても平気なのに)

鮮明な個体写真もあるが、あまりに生々しいのでここまでにしておく。

帰ってきてから調べたら、やはりこの時期は相当なことらしく、各家庭では警戒しているようだ。
これが始まると、電気を消して窓を閉めて静まるのを待つらしい。
この時期にここにいるのは初めてのことなので迂闊だった。
でも気がつくとウソのようにいなくなっていた。ピークはせいぜい30分くらいだろう。
しかし何回かあるようなので、これはほんのプロローグに過ぎないのだろうか?
Commented by hiyoko-crime at 2014-06-15 07:00
オオヒキガエルすごっ。
シロアリ軍団こわっ。
話にはよく聞きますが、見たことないです。
って南の島にはあまり行ったことがないので。。。
Commented by itn_m at 2014-06-15 18:45
自分もこの時期初めてだったので驚きました。島内では戦時中の灯火管制みたいなことも自主的にするみたいです。

シロアリはたくさん食べられても減りませんし、路上でたくさん敷かれるオオヒキガエルも減りません。困ったものです
by itn_m | 2014-06-14 23:19 | 自然 | Comments(2)