人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

壜よりビュービュー

e0189021_21260756.jpg
二十四節気の大雪(たいせつ)を境に最高最低ともに気温が急激に下がった。
さらに北東風が吹き続け、気温は20℃くらいあるが体感的には10℃ちょっとという感じ。
北回帰線くらい南に行かないと、大陸からの寒さから逃れられないかも。

写真は先月末のまだ穏やかだった頃、朝日を浴びてのんびりしていたアマサギ。
2羽ほどいるが、渡るのか越冬するのかまだ不明。




[PR]
# by itn_m | 2018-12-09 21:35 | 自然 | Comments(0)
e0189021_22141457.jpg
去る12月1日。
予報とは裏腹にやや風強く、時折雨がパラつく空模様。
そんなこんなで釣り大会本番、27日の釣りは予行演習だったのだ。

e0189021_22141444.jpg
25cmほどのガーラ(カスミアジ)。
全くもって小さいのだが、こちらでは高級魚なのでうれしい

e0189021_22141420.jpg
たぶん○○○とつくミーバイ(オジロバラハタ?)。
これもかなり小さいが美味しい魚。
大きくなるとこの倍くらいにはなる。

e0189021_22141506.jpg
地元の人はシロダイと呼んでいる高級魚。
メイチダイ属の魚だと思うので、標準和名のシロダイで良いかもしれない。
まぁまぁのサイズ。

e0189021_22141529.jpg
自分で釣った魚では今までで一番大きいと思われるアザハタ1kg。
これでも全く話にならず、箸にも棒にも掛からない成績だった。

e0189021_22141507.jpg
釣った魚を船揚げ場でさばく人々。のんびりした感じである。

この翌日昼前頃、突然胃が痛くなりそのまま20時間寝込んだ。
しばらくグッタリしてから復帰すると何だか仕事が舞い込んで今日に至ると言う具合。
タイトルに何のヒネリもない(笑






[PR]
# by itn_m | 2018-12-05 22:32 | 備忘録 | Comments(0)

阿嘉島で初釣り

佐島マリーナでお世話になったOさんにカワハギ釣りや深場釣りに連れて行ってもらって以来の船釣り。
今度はこちらでお世話になっている芳明さんに連れて行ってもらえることになった。
自分の道具は動作が不安だったこともあり、結局道具は一式借りる事に。

e0189021_22031756.jpg
写真では穏やかそうに見える海。
実際は北風がやや強く、さらには台風のうねりも入っていてベストコンディションとはならず。
それでもここの海域を知り尽くしている芳明さんは、釣れそうなポイントに連れて行ってくれた。
一投ごとにアタリがあるので、忙しく写真を撮っているゆとりがなかった。
と言っても爆釣ではなく、エサだけ取られることも多かったが。
大物は釣れなかったが、そこそこ釣れたのは名船長のおかげである。

e0189021_22315722.jpg
イソフエフキダイ。阿嘉島ではムルーという(ムールーだったか)
淡白な白身で、マース煮という沖縄独特の塩で煮る調理法で料理した。
とても美味だったが、写真がイマイチだったので調理後の写真はなし。

e0189021_22315743.jpg
アカハタ(チバナー)上とヒトスジモチノウオ(ヒトスジ)下
ヒトスジはとても美味しそうに見えない(関東ではまずベラを食べない)。
しかし実際に食べてみると驚くほど美味しいのだ。

南国の魚は全般的に脂が少ないので、油を使った料理法が良いようである。

芳明さん、ありがとうございました。




[PR]
# by itn_m | 2018-11-28 23:00 | | Comments(0)

久しぶりの潮だまりにて

e0189021_22015969.jpg
転石を起こしたら出て来たスナモグリの一種。
生息環境からするとスナモグリなのだが、それだけでは種類を断定できない。
釣り餌情報は多いが、生態に関してはネットではよくわからなかった。
つぶらな瞳はキュートだ。

e0189021_22015981.jpg
昨日は満月。
低い位置での黄色い月を撮りたかったが、雲に邪魔されてしまった。
昨夜は20℃を切って風も強く寒く感じた。
昼間も空気が冷たい




[PR]
# by itn_m | 2018-11-24 22:27 | | Comments(0)

それなりに晩秋

e0189021_23312779.jpg
いつの間にかツワブキの花が咲いていた。
神奈川にいた時も秋が深まった時に見たような気がする花だ。
内地に比べて2週間くらい遅い。
沖縄も南国のイメージしかなかったが四季はあるようだ

e0189021_23312727.jpg
違うのは吸蜜に来る生物だろうか。
渡りをするチョウとしてメジャーなアサギマダラ。
渡りの途中か、越冬地にするのか、一月前くらいからぼちぼち見かける。
ツワブキが咲く時季にさすがに関東にはいないと思うがどうだろう?





[PR]
# by itn_m | 2018-11-23 23:38 | 自然 | Comments(0)