人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

庭の春

e0189021_17062995.jpg
シュンラン

e0189021_17063075.jpg

先週まではつぼみだったが、いつの間にか開花していた。
日本各地によく見られる野生欄とあるが、庭以外では残念ながら見たことがない。
春を感じる花のひとつ

e0189021_17063035.jpg
キュウリグサ

e0189021_17063104.jpg

葉や茎をもむと確かにキュウリのようなにおいがする。
花はとても小さくて2mmくらい

e0189021_17063139.jpg
ヒメウズ

e0189021_17063292.jpg

こちらも細く可憐な感じのする早春植物。
トリカブトと同じ科で、葉の形は小振りだが似ている

ツルニチニチソウ、ハナニラを駆除すれば、もう少し在来種も出てくるだろう。
そうなると今度はヤハズノエンドウとのせめぎ合いになるはず。
植物管理には終わりがない…




[PR]
# by itn_m | 2017-03-25 17:38 | 家の自然 | Comments(0)

竹林のイカル

野外で仕事中に背後の竹林からパチップチッという音が聞こえてきた。

e0189021_21564191.jpg

何の音だろうと見上げると葉の間からイカルが見えた。

e0189021_21512788.jpg

よく見えないが茎をついばんで何を食べている。
竹が花を咲かせて種子を作る周期は長いので、なかなかありつける食べ物ではないだろう。
新芽だろうか

e0189021_21512727.jpg

そしてナベヅルがいたところに再び行ってみた。
が、姿はなし。農作業の始まりとともに旅立ったのだろうか。
川にはカモ類もいたが、だいぶ数が少なくなって来た。
春っぽくなってきたが、まだまだ冬の寒さも残っている。


[PR]
# by itn_m | 2017-03-24 22:16 | | Comments(0)

アカハラ初認

e0189021_22403348.jpg

今期、ようやく見られたアカハラ。
一時間ほど庭の隅で食べ物を探していた。
移動の途中で立ち寄ったのだろう。

渡りの途中でしか見られないので、観察頻度が少ないのはしょうがない。
それでも少しの間でも立ち寄ってもらえるのはうれしいものだ。




[PR]
# by itn_m | 2017-03-18 22:45 | | Comments(0)

2月最後の日は三日月

e0189021_18274883.jpg
思ったより細い


[PR]
# by itn_m | 2017-02-28 18:29 | | Comments(0)
転んだあと、もう一度水浴びをして落ち着いたと思っていたら

e0189021_23164059.jpg
今度はジャンプを始めた

e0189021_23164157.jpg
なんだか求愛ダンスの練習に見える

e0189021_23164115.jpg
たどたどしい舞いが何とも初々しい

e0189021_23164190.jpg
ポーズも決まった

e0189021_23164257.jpg
近くで見ていた人は、羽を乾かすためでしょう、と何とも現実的な意見。
でも羽を乾かすためだけの動きには見えなかったが

e0189021_23164276.jpg
次に体勢を低くして風上へ

e0189021_23164345.jpg
助走を数歩

e0189021_23164337.jpg
そして離陸

e0189021_23164333.jpg
幼鳥とは言え飛翔する姿はさすがツル、優雅だった。
このまま塒に入るのかと思ったら、先日の二枚目に戻るのである。
塒に入るのは、もう少しお腹を満たしてからのようだ




[PR]
# by itn_m | 2017-02-27 23:37 | | Comments(0)