人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0189021_19021840.jpg
波打ち際にいたのはホンヤドカリ。
北方種もいるかと探したが見つからず

e0189021_19021903.jpg
無脊椎動物ではこのイトマキヒトデがやたらと目に付いた。
三浦半島でも見られるが、これほどの数は見たことがない

e0189021_19021909.jpg
キタムラサキウニと思われる。
このウニも多く、岩の間に潜んでいるよりこのように岩の上に張り付いている個体が多かった

e0189021_19021942.jpg
ホヤの仲間。マボヤかもしれないが自信がない。
何となく北の海を感じさせる生き物。
バテイラ(シッタカ)やサザエもいたが、そういえば宿なんかでは出て来なかった。
ホタテやらウニやらほかにたくさんあるからか。

e0189021_19022073.jpg
魚ではメバルの仲間の幼魚がよく見られた。
種類は胸びれの軟条の数を数えないとわからない

e0189021_19022058.jpg
自信がないが、たぶんウマヅラハギの幼魚。
三浦半島辺りで見られるのはアミメハギやカワハギが多いと思う

e0189021_19022166.jpg
これもややこしいウミタナゴの仲間。
分布から判断するとウミタナゴということになる。
三浦半島辺りだとマタナゴとアカタナゴが混在している。
ちなみにウミタナゴとマタナゴは亜種の関係で、アカタナゴは別種ということらしい

e0189021_19022065.jpg
そしてこれはオキタナゴと思われる。
ウミタナゴ科の魚ではあると思うが体高が著しく低い。
ウミタナゴは10個体以下の群れだったが、こちらは100くらいの群れで回遊していた

e0189021_19130849.jpg
地味目の魚が多い中でひと際目を惹いたチャガラ幼魚の群れ。
青い海に赤っぽい色が引き立つ

e0189021_19130884.jpg
三浦辺りでも見られるが水温の低い時の方が目にする機会が多い気がする。
日本全国に分布するので北方系ではない

ほかに見られた魚はクサフグ、カマス類、アナハゼ類など。
別の漁港ではカゴカキダイも見られた。
特に北方系ではなく全国区のお魚ばかりであった。
対馬海流の影響もあると思われる





[PR]
by itn_m | 2017-08-20 21:00 | | Comments(0)
e0189021_21570698.jpg
昨日と同じく佐井村の願掛け岩。
ここは近くに駐車場もあって海にアクセスしやすい。
右手前が男岩、奥左が女岩と言われる巨大な岩が対になっている。
縁結びや山海の豊穣を運んでくれる神々への感謝の祈願所らしい。

e0189021_18221641.jpg
正面右側の岩の直下。
切り立った崖がそのまま落ち込んでいる感じ。
水深は7〜8mくらい

e0189021_18221678.jpg
水深2mほどの浅いところには海藻が繁茂している

e0189021_18221744.jpg
ワカメが枯れたあと。
波が当たらない岩の陰には海藻がびっしり生育していた

e0189021_21570641.jpg
水温は19.7℃。思ったより高いが入ると冷たい。
親潮の影響もあるのか、きれいなのだがクリアではない。
なんていうか、良質の出汁の中とでも言ったら良いのか。

生き物はちょっと調べるのが大変そうなのであとで追加






[PR]
by itn_m | 2017-08-20 20:02 | | Comments(0)

下北半島北西部漕行記

e0189021_20433878.jpg
佐井村にある仏が浦を海上から見てみようと色気を出し、実に1年か2年ぶりに船を組んだ。

e0189021_20433820.jpg
颯爽と漕ぎ出す。目指すはまず目の前の岬。
直線距離で4kmほど

e0189021_20433971.jpg
途中で遭遇したなぶらの下の海中を撮ったつもり。
魚影は写らなかったが、目の覚めるような青色

e0189021_20433966.jpg
陸上は切り立った崖がずっと続く単調な地形。
30分くらいで早くもつらくなってきた

e0189021_20433929.jpg
この先端を越えれば仏が浦が見えるはずなのだが。
思ったより時間が掛かってしまったので、帰りと片付けを考慮し引き返すことにした

e0189021_20531779.jpg
帰りは岸よりに進路を取った。
ミサゴが営巣してそうな岩だな、と思ってみたらやはり頂上に巣があった

e0189021_20531772.jpg
まだ巣立ち直後らしく、巣の中に3羽もいた。
ピーピー頭上で警戒して大騒ぎ。
中には食事途中のヤツもいたらしく、魚を持ってピーピーとけたたましい。
早く離れたいけど、人力なので勘弁して欲しい

e0189021_20531786.jpg
ミサゴの喧噪から離れ、ようやく砂利浜に上陸。

e0189021_20531872.jpg
岸よりの海中にはコンブのような海藻が繁茂しているところもあれば、

e0189021_20531899.jpg
このように完全な磯焼け状態になっているところもあった。

ともあれ往復3時間45分あまり。
普段の運動不足を露呈した行程であった。
実にもったいないが、べた凪で漕げただけでも良しとしたい





[PR]
by itn_m | 2017-08-19 21:02 | | Comments(0)

トンボ2種

e0189021_18191344.jpg
マユタテアカネ。
アカトンボの仲間は似た種類も多く識別は困難である。
このトンボには顔の正面に黒い斑点があるので、比較的判別がつきやすいようだ。
しかしなかなかトンボの正面顔を見るのは難しい。
近畿地方には普通にいるようだが、関東圏であまり見たことがないのは気がついていないだけか。

e0189021_18191407.jpg
モノサシトンボ。
こちらも全国的な普通種なので、どこでも見た記憶がある。
発生する環境がそれほどシビアではないのだろう。
都市付近でも見られるという記述も見られた





[PR]
by itn_m | 2017-08-17 18:26 | 自然 | Comments(0)

北国の夏祭り

e0189021_21293544.jpg

e0189021_21293632.jpg
地域の人たちの素朴なお祭り。
このあとの花火も大変素晴らしかった↓






[PR]
by itn_m | 2017-08-15 21:32 | 外出記 | Comments(0)

最果ての花火大会

e0189021_21092640.jpg

e0189021_21092627.jpg

e0189021_21092709.jpg

e0189021_21092772.jpg

e0189021_21092712.jpg

正面の近距離でしかも人も少ないという好条件だったが。
とにかく寒い。
ビールも飲めず、残念ながら真夏の花火大会にはほど遠かった。

が、仕事のおまけと思えば最高のおまけではあった





[PR]
by itn_m | 2017-08-14 21:19 | 外出記 | Comments(0)

2017年の梅干し

e0189021_17005933.jpg
ようやく日の目を見た我が家の梅干し。
今年は実のなりが悪く、大部分が購入したものである。

さらに今年は天候と仕事のタイミングが一致せず、やっとお目見えした。
昨年は記録し損なったのだが、一昨年と比べると10日以上遅い。
よく漬かって美味しいかも。





[PR]
by itn_m | 2017-08-12 17:09 | 家の自然 | Comments(0)

期待はしていなかったが

e0189021_17273917.jpg
突然猛暑日となった一日。
室内でデスクワークはつらいので海岸に行って涼んでみた

e0189021_17273941.jpg
気まぐれで海に入ってみた

e0189021_17274095.jpg
さらに気まぐれで潜ってみた。
想像していた通り、透明度50cmくらい。
底にも生き物の気配はなし。
海に関してはコスタリカと良い勝負の相模湾沿岸であった






[PR]
by itn_m | 2017-08-09 17:27 | | Comments(0)

茅ヶ崎花火大会

e0189021_17153901.jpg
低い雲が垂れ込める茅ヶ崎の海岸。
今日は花火大会だと言うのに一抹の不安がよぎった

e0189021_17153903.jpg
低い花火は見えるのだが、尺玉は雲の中で開いている。
下の雲の切れ目から稲光のような閃光だけが見える状態

e0189021_17153925.jpg
終了間際になって、少しだけ雲がなくなったが時既に遅し

e0189021_17154035.jpg
上空で輝いていた月だけはきれいに見えた。
誠に残念な夏の日の一日




[PR]
by itn_m | 2017-08-05 17:15 | 雑記 | Comments(0)