人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三月締め

e0189021_16393317.jpg

本当にシメが飛来しオチがついた



[PR]
by itn_m | 2017-03-31 16:41 | | Comments(0)

春の海

e0189021_23573377.jpg

仕事が一段落ついたので海へ
穏やかで気温も高く人出も多かった
三組がタコをそれぞれ捕っていた


e0189021_23573460.jpg

こちらは食料確保ではなく単に観察
お腹に卵を抱えたモエビの仲間


e0189021_23573495.jpg

定番のアオウミウシ


e0189021_23573596.jpg

e0189021_23573525.jpg

見た目や身体の作りからするとウミウシの仲間っぽいのだが
丸まっているようでどっちが頭か、はたまたお腹側なのか背中なのかわからない
調べることができるかどうか


[PR]
by itn_m | 2017-03-30 00:17 | | Comments(0)

ただの富士山

e0189021_17541296.jpg

ダイヤモンド富士を狙ったのだが、タイミングを逸してただの夕焼け富士山になってしまった


[PR]
by itn_m | 2017-03-29 17:56 | 富士山 | Comments(0)

庭の春

e0189021_17062995.jpg
シュンラン

e0189021_17063075.jpg

先週まではつぼみだったが、いつの間にか開花していた。
日本各地によく見られる野生欄とあるが、庭以外では残念ながら見たことがない。
春を感じる花のひとつ

e0189021_17063035.jpg
キュウリグサ

e0189021_17063104.jpg

葉や茎をもむと確かにキュウリのようなにおいがする。
花はとても小さくて2mmくらい

e0189021_17063139.jpg
ヒメウズ

e0189021_17063292.jpg

こちらも細く可憐な感じのする早春植物。
トリカブトと同じ科で、葉の形は小振りだが似ている

ツルニチニチソウ、ハナニラを駆除すれば、もう少し在来種も出てくるだろう。
そうなると今度はヤハズノエンドウとのせめぎ合いになるはず。
植物管理には終わりがない…




[PR]
by itn_m | 2017-03-25 17:38 | 家の自然 | Comments(0)

竹林のイカル

野外で仕事中に背後の竹林からパチップチッという音が聞こえてきた。

e0189021_21564191.jpg

何の音だろうと見上げると葉の間からイカルが見えた。

e0189021_21512788.jpg

よく見えないが茎をついばんで何を食べている。
竹が花を咲かせて種子を作る周期は長いので、なかなかありつける食べ物ではないだろう。
新芽だろうか

e0189021_21512727.jpg

そしてナベヅルがいたところに再び行ってみた。
が、姿はなし。農作業の始まりとともに旅立ったのだろうか。
川にはカモ類もいたが、だいぶ数が少なくなって来た。
春っぽくなってきたが、まだまだ冬の寒さも残っている。


[PR]
by itn_m | 2017-03-24 22:16 | | Comments(0)

アカハラ初認

e0189021_22403348.jpg

今期、ようやく見られたアカハラ。
一時間ほど庭の隅で食べ物を探していた。
移動の途中で立ち寄ったのだろう。

渡りの途中でしか見られないので、観察頻度が少ないのはしょうがない。
それでも少しの間でも立ち寄ってもらえるのはうれしいものだ。




[PR]
by itn_m | 2017-03-18 22:45 | | Comments(0)