人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

彩雲

e0189021_18294410.jpg
彩雲と呼ばれる現象で、雲の水滴による光の回折によるもので、光の波長と水滴の大きさで縞模様が変わるみたいです。

そのため、非常に鮮やかな七色に輝く場合もあれば、ほんのりと色づくだけのこともあるようです。

珍しい現象かと思ったのですが、慣れれば容易く見つけることができるともありました。言われてみれば、以前にも見たような気がします。

また地震の前兆と捉える人もいるようです。
小さな地震と同じ頻度で発生する現象なのかも知れません。

思いのほか雲の動きが早く、きれいに見えたのはほんの短い時間でした。
結果残念な写真になってしまいました。
[PR]
by itn_m | 2016-01-27 18:41 | 自然 | Comments(0)

クルマエビ養殖?

e0189021_22203736.jpg


お正月の賑やかしにと年末に沖縄産活き養殖クルマエビを購入した。
あまりにも活きが良かったので、水槽に一尾入れて様子を観察することにした。
入れた直後はグッタリした感じだったが、活発に泳ぐ様子や砂に潜るところなど見ることができた。

しかし1月1日に目撃したのを最後に姿が見えなくなった。
砂中にいると思って、掘ってみたが確認できなかった。
きっと死んでゴカイの餌になってしまったものとあきらめたが、バカなことをしてエビが一人分減ってしまったのが悔やまれた。

もはやエビのことなど忘れかけていた今朝、なんと姿を現した。

e0189021_22203721.jpg
水底でじっとしている。
しかもそばには脱皮殻が。
よく見ると一回り大きくなっている気がする。

e0189021_22203862.jpg
再び砂の中へ

今後大きくなるだろうか

大きく育てた後、食べることができるのだろうか
[PR]
by itn_m | 2016-01-26 22:35 | | Comments(0)

久しぶりの外出

e0189021_2271644.jpg
新年会以来、久々に電車に乗った。
富士山の積雪も増えていた

奄美大島では115年ぶりに雪が降ったそうだ。
九州も長崎で積雪17cmとか。
正月の天気を考えるとメリハリがあり過ぎる。
[PR]
by itn_m | 2016-01-25 22:11 | 富士山 | Comments(0)

節目の月

今週に入ってキリッと冷え込んできた。
さすが大寒の週である。正月の暖かさがうそのようだ。

e0189021_1827499.jpg
降雪後、空が洗われたかのように澄んで、夜は月明かりが眩しいほどだった。

とても半世紀生きてきたとは思えない。
日本では高度経済成長の末期から現在まで、基本的に平和だが、世の中の移り変わりは加速度を増している感じがする。
今日できることは明日もできる、とのんびりしてきたが、もはやそんな場合ではないところに来てしまったと感じてもいる。
でも今さら焦っても仕方ない。
せめて笑いを忘れず、頭の回転を速くできると良いな
[PR]
by itn_m | 2016-01-21 18:39 | | Comments(0)

オナガの大騒ぎ

センサーカメラの範囲外ではこんな様子

e0189021_16264268.jpg
水場の近くにいたツグミ

e0189021_16264230.jpg
奥の方の地面で何かを食べているオナガの群れ


なにやら黒い実をついばんでいるが、何の実なのだろう。
確認しにいったが、樹や草に実の付いている植物は見当たらなかった

e0189021_16314289.jpg
火鉢の水を覗き込む個体

e0189021_16264466.jpg
うーん届かない、こまった

e0189021_16264440.jpg
鳴かなければ本当に美しい鳥である

e0189021_16264573.jpg
水場の様子。
順番待ちをしているように見える

e0189021_16264561.jpg
個体差もあるようで、もう我先にと飲みにくる個体もいれば、遠巻きに眺めている慎重派もいる

たった一時間足らずの出来事。
出かける前で危うく電車に乗り遅れるところだったが、記録できて良かった
[PR]
by itn_m | 2016-01-16 16:36 | | Comments(0)
e0189021_16145433.jpg
ムクドリ
e0189021_16145551.jpg
スズメ

新しい水場はあまり人気がないようだ。
深さなのか、場所なのか。去年までは意外と利用されていたのだが。

と思っていたら

e0189021_16145520.jpg
ツグミが写った。
今シーズン庭で初めてちゃんと見られた。

これだけでは終わらず
e0189021_16145653.jpg
何とオナガが群れでやって来た

e0189021_16145640.jpg
次々と舞い降りて来る

e0189021_16145779.jpg
わずか1時間足らずの間、水場は大騒ぎだった

この間、オナガがいなくなる合間にツグミという様子が繰り返されていた

e0189021_16145778.jpg
オナガの喧噪が一段落してやってきたヒヨドリ

e0189021_1614583.jpg
キジバト。
再び水場はもとの静けさを取り戻した

10年以上ここにいるが、このようなオナガの様子は初めて見た。
年末からほとんど雨が降っていないため極度の水不足になっているのだろうか。
[PR]
by itn_m | 2016-01-15 16:13 | | Comments(0)

センサーカメラその5

そう言う訳で、水を少し抜いて、そこにブロックの破片を敷いて水深を浅くしてみた

e0189021_12561832.jpg
シジュウカラ
e0189021_12561858.jpg
キジバト

効果がないのか、来たのは以上の2種類。
これ以上はやりようがないので、しばらく様子を見ることにする

e0189021_12561799.jpg
10:56は空打だったのだが、カメラの温度計がなんと28℃になっていた。
急に壊れた訳ではなさそうだが…
直射日光にさらされて暖まったか
[PR]
by itn_m | 2016-01-14 12:55 | | Comments(0)

センサーカメラその4

e0189021_125488.jpg
シジュウカラがやって来た

しかしながらこの水場は小鳥には深過ぎるようだ。
止まり木を置いたりしてみたが、ちょっと使いづらそうなので工夫が必要かもしれない
[PR]
by itn_m | 2016-01-11 12:53 | | Comments(0)

センサーカメラその3

その後、何度か水場をひっくり返された上に写る鳥もほぼ同じなので、場所を変えてみた。

e0189021_1250530.jpg
初日は一枚だけ。
相変わらずヒヨドリはよくやってくる

ちなみに元の水場は板を打って補強したところひっくり返されることはなくなった
[PR]
by itn_m | 2016-01-10 12:45 | | Comments(0)
e0189021_2284134.jpg
久々に見たミユビシギ。
年末に友人家族と海に行った時にコンデジで撮ったものである。

まだいると思い一眼レフを持って海岸へ。
しかし姿は見えず。
それもそのはず、天気が良いので海岸には思いのほか人が多かった。
その代わり波打ち際付近で別の鳥を見つけた。

e0189021_2221132.jpg
こちらも久々のカンムリカイツブリ

e0189021_2283920.jpg

e0189021_2284034.jpg

e0189021_2284033.jpg

e0189021_2284181.jpg
波が来たらサーファーのように潜ってかわした。
少なくとも10個体はいた

e0189021_223181.jpg
そして下水処理場の排水溝にはユリカモメが群れていた。
きれいな鳥だが、ゴミ捨て場とか汚水処理場とか、あまりきれいでないところによくいる。

海岸でみたのは、ほかにカワウの群れ、トビ、ハクセキレイ、ドバト、くらいであった。

あとたくさんのマラソンランナーと釣り人。
以前は砂浜といえばシロギス釣り師だったが、今はヒラメ?狙いのルアー釣り師が多い。
[PR]
by itn_m | 2016-01-09 22:18 | | Comments(0)