人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

8月の終わりに

8月が終わってしまうのは寂しい。
何となく夏も終わってしまう気がするからだ。
昨年訪れた三宅島では、お盆過ぎたらもう夏じゃない、と言われたが。

今時の小学生も同じように夏が終わってしまうのを残念がるのだろうか。
去り行く夏を惜しみながら何があったか、よく考えたのだが、8月はほとんど何もしていないことに気がついた。
7月の南国ひと月滞在が、よほど強烈だったからである(ということにしておく)

今週末は先延ばしにしていた庭の草刈りと倉庫の整理に終始した。
真面目に仕事をしたおかげですっきり使いやすくなって何だかやる気が出てきた。
慌てて宿題を終わらせた感もあるが(笑)

e0189021_2150685.jpg

e0189021_2150799.jpg


8月もっとも印象に残った長岡花火大会。
これは直前の空。
花火の印象が強過ぎて出し忘れたが、この日の夕焼けもとても美しかった。
[PR]
by itn_m | 2014-08-31 21:59 | 夕焼け | Comments(0)

今シーズン初葉山

もう8月も終盤に差し掛かっていると言うのに近所の海を見ていなかった。
夏休みの宿題を慌ててやるように慌てて行った。

e0189021_21482922.jpg
曇り空なのに富士山が見えていた。
これはさい先良いかも、と少しだけ思った

e0189021_21483076.jpg
海上にはSUPがとても増えた

さて海中は…

e0189021_21483042.jpg
ソラスズメダイを撮ろうとした

e0189021_21483171.jpg
アオリイカの子どもを撮ろうとした

ほかにもチャレンジしたが、浮遊物が見事に乱反射してしまった

e0189021_21483177.jpg
唯一見られる画像。
サラサエビがたくさんいるポイントを初めて教えてもらった。

普通の生き物が普通にいるとなぜか安心する
[PR]
by itn_m | 2014-08-24 21:49 | | Comments(0)

昨日の続き

e0189021_2154388.jpg
ある生き物の一部のアップ。
肉眼ではわからない形状に驚く

e0189021_215431.jpg
リュウモンイロウミウシの触覚である。
光くらいは感じることはできるだろうが、この形状では見るという機能はないと思える。
さまざまな微細な物質を繊細に捕えるような気はする

ほかに4種類のウミウシを見つけた

e0189021_2154489.jpg
アオウミウシ。
定番中の定番。
1cm未満のものと3cmくらいの個体を見つけた

e0189021_2154442.jpg
ムカデミノウミウシ。こちらも定番中の定番。
1cm以下の小さい個体がたくさん見られた

e0189021_2154582.jpg
コモンウミウシ。定番ではないが、探せばいつも見つかる一種

e0189021_2154522.jpg
サラサウミウシ。
春先から梅雨前くらいまで見ることはあったが、この夏真っ盛りの時期はちょっと珍しいかもしれない
うーん、水温が上がらないことの裏付けだろうか
[PR]
by itn_m | 2014-08-22 22:15 | | Comments(0)

あまりに暑かったので

という言い訳のもと突発的に素潜りに来てしまった。
26℃と表示されたが、実際にはもう少し水温は低かったと思う。
透視度も5〜6mはあったが、波辺りの強いところは浮遊物が多い。

e0189021_2118143.jpg
ストロボを発光させてしまったので、浮遊物に見事反射した。
左手にはチャガラの群れ

e0189021_2118338.jpg
ヘビギンポのオス。婚姻色になっていてよく目立つ

e0189021_211827.jpg
ヘビギンポのメス。こちらは地味で姿が周囲によく溶け込んでいる。

e0189021_2118225.jpg
近寄ってきたメス。正面から見ると意外とかわいい

e0189021_2118313.jpg
三角形のテトラポットの内側にびっしりとついたイソバナの仲間。
自然の岩場より相性が良かったのかもしれない。
今日最後に見てハッとした場所であった。
ほかにもいろいろ見られたが、写真が鑑賞に耐える目立ったものを一応記録した。

それにしても今年の伊豆から相模湾沿岸にかけて水温が低めなのではないだろうか。
真夏なのに泳いでいて寒さでしびれた
[PR]
by itn_m | 2014-08-21 21:34 | | Comments(0)

1年前の

e0189021_0221370.jpg
[PR]
by itn_m | 2014-08-21 00:22 | | Comments(0)

納涼花火大会

e0189021_21424673.jpg
こんな感じ

e0189021_21424692.jpg
日曜日の夕方

e0189021_21424666.jpg
今日の夕方

空はここ何日か美しい
[PR]
by itn_m | 2014-08-19 21:44 | 夕焼け | Comments(0)

今年もやるはめに…

通っている葉山の田んぼ。
イノシシはたまに来ているようであったが、実害がなかったので特に対策はしていなかった。
が、久しぶりに行ってみると畦がほじくられまくり、あだ青い実の稲穂もかなり食べられていた

e0189021_21351710.jpg

e0189021_21351763.jpg
急遽、昨年と全く同じように電柵と目隠し塀を設置した。

ほとんど昨年と同じタイミングだった。
午前中だけ草取りして軽く終わるつもりだったのに結局重労働の一日となったのであった。
[PR]
by itn_m | 2014-08-17 21:41 | 自然 | Comments(0)

自堕落な日々

ちょっと自転車で出るくらいでほとんどの時間を家で過ごしている。
こんなにだらだらと家にいるのは何ヶ月ぶりだろう。
ぼうぼうになった庭を見て何もしないのは、少々後ろめたいがちょっと充電が必要だった。

そろそろ動こうか。

e0189021_2323449.jpg
アゲハチョウのペアだろうか

e0189021_2331361.jpg

e0189021_2331127.jpg
なんかやたらと背面飛びしていた。
ディスプレーの一種なのか?

e0189021_2323578.jpg
家の周辺にいるのは圧倒的にアブラゼミ。
ミンミンゼミ、ツクツクホウシが少々、たまにクマゼミ

e0189021_2323672.jpg
カノコユリ。
ここにはなく九州、四国に自生している。
家人の祖父母がl九州出身なので、取り寄せて植えたのだと思う

お盆と終戦、時期を合わせたのではないかと勘ぐりたくなるような取り合わせだ
[PR]
by itn_m | 2014-08-15 23:38 | 家の自然 | Comments(0)

出るには出た

e0189021_0501498.jpg
出るには出たが、ちゃんと見れなかった出始めの月。
1900頃は雲が厚くすぐに隠れてしまった

e0189021_044786.jpg
2300頃。ようやくはっきり見えた。
が、薄い雲がかかっている

e0189021_044761.jpg
こちらの方が見た目に近い。
雲が晴れるのを待っていたが、くたびれてしまった。
自然相手だと忍耐が必要だ

次は20年後! だそうである
[PR]
by itn_m | 2014-08-12 00:51 | | Comments(0)

空は焼けたが

月は雲の隙間から一瞬見えたのみ。
今も分厚い雲に阻まれている。
スーパームーンと言われているので、ちゃんと見たかったのだが残念である。

e0189021_22112993.jpg
台風一過ですっきり晴れなかったが夕焼けは久々にきれい

e0189021_22113028.jpg
そう言えば9ヶ月も南に通ったのに夕日を一度も見なかった
[PR]
by itn_m | 2014-08-11 22:15 | 夕焼け | Comments(0)