人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

田んぼの友人がキットでカヤックを作っていた。
冬にはすでに完成していたのだが、あまりの寒さに漕ぐのを延期していたようだ。
今日は夏日の予報だったので、長らく実現しなかった進水式をしようとお誘いした。

e0189021_2304098.jpg
お清めの儀式。
できたばかりで穢れなどないはずなので、お清めというよりは神さまに捧げる御神酒であろう。
ちなみにバイキングは奴隷をいけにえとして守に捧げていたらしい。

e0189021_2304164.jpg
堤防内で安定性を確かめた後に外へ

e0189021_2304264.jpg
風もあってうねりもちょっと入り、緊張の面持ちで操船する船主

e0189021_2304158.jpg
船主を差し置いて、それっぽいテクニックを使う家人

ともあれ何ヶ月か先延ばしにした進水式を無事終了することができた。
今回の進水式で気がついた点をいくつか改善すればツーリングもストレスなくできるはず。
そう言う自分も漕ぐのは実に何年ぶりか、であった。
漕ぐうちに勘を取り戻せたようで、海上をすべる感覚が楽しかった。
次回が楽しみである。

ただ今日の海岸は夏日にはほど遠く、ちょっと濡れると寒かったのが残念だった。
[PR]
by itn_m | 2014-05-25 23:15 | | Comments(0)
e0189021_22532076.jpg
のんびりと始まった田植え。
ここには何年も通っているが、田植えに参加したのは今回が初めてだったのである

e0189021_22532063.jpg
初めてだった割にはあまり植える方には参加せず、周りの生き物ばかり見ていた(笑
ほかの人たちのご尽力で無事終了。
たまにやってくる大型ほ乳類にどうか荒らされませんように
[PR]
by itn_m | 2014-05-25 22:57 | 自然 | Comments(0)

今どき珍しいかも

久しぶりに自炊をした時のこと。
冷蔵庫には買ったばかりのキャベツがあった。
これで野菜炒めを、と思い葉っぱを一枚めくったところ、中には新鮮なフンが散らばっていた。
新鮮なキャベツだから、というわけではなさそうだ。
探したら、やはりそのフンを排出した主がいた。

買った野菜に虫が付いているのは珍しいと思って、家人に見せようと取っておいた。
害虫だから処分しちゃおう、という意見と
まぁ何かの縁だから育てよう、
という意見がまとまらずに様子を見ることにした。

一泊二日の外仕事から帰ってきたら

e0189021_223712.jpg
あっという間にサナギになっていた

考えてみれば終齢幼虫だったので当たり前ではあったのだが。

羽化するまでに約一週間だそうだが、きっと来週の外仕事中に蝶になっていることだろう。
せっかくだから羽化を見たい気がするが…
[PR]
by itn_m | 2014-05-23 22:08 | 自然 | Comments(0)

久々の景色

南国行きは、人からうらやましがられたりするのだが、実際はそれほど良いものではないのだ。
基本的に業務としての人足であるので、仕事以外はほとんど何もできないに等しい。
場所が場所だけにもったいないのだが仕方ない。

今日は朝から猛烈な風と雨で荒れ模様だった。
午後遅くに空が抜けるように青いことに気がついた。

e0189021_2111342.jpg
日が延びていることに油断して、見に行ったらすっかり太陽が沈んでいた。

e0189021_212257.jpg
西の上空にはまだ黒い雲が

e0189021_2111675.jpg
富士山はすっきりとは見えなかったが、家から夕焼けを眺めるのは本当に久しぶりであった

こんな気持ちのゆとりさえなくなっていたのかと、少し悲しくなってしまったのであった
[PR]
by itn_m | 2014-05-21 21:20 | 夕焼け | Comments(0)

夜の漁港

e0189021_22112.jpg
南国、ということを除けばごく普通の漁港である(南国が特殊か)

e0189021_221328.jpg
盗撮風ではないオトヒメエビ。
伊豆辺りのダイビングでは、こんな角度でまず見られないであろう(ナイトダイビングでは見られるかも)

e0189021_221152.jpg
盗撮風のエイ。
1mはあったが、デジカメのオートフォーカスが利かずこんなことに

e0189021_221199.jpg
ネムリブカ。
こちらもシャッターがなかなか降りずこんな感じに

e0189021_221215.jpg
シロワニ。
1.5m弱。夜の港では昼間に見られないものが見れて楽しい

夜ばかり続いてしまったが、昼間は真面目に仕事をしているので自由に動けないのであった。
とりあえず明日、帰りの船に乗船します
[PR]
by itn_m | 2014-05-17 22:08 | | Comments(0)

満月の夜に

夕方に道路を歩くカニをチラホラ見かけた。
これはひょっとして、ひょっとするかも、と思って夜海岸へ行った。
残念ながら産卵は見られなかったが、道路を横切るカニがいた。

e0189021_233325.jpg
お腹にたくさん卵を抱えている。
海へ行こうとしていたのか、今夜は止めたのかわからない。
ちなみに月は雲に覆われて明かりだけが見えた。

この夜見たのほかの生き物は主に

オカヤドカリ類たくさん、クマネズミたくさん、オオヒキガエルたくさん、アフリカマイマイ少々…
[PR]
by itn_m | 2014-05-15 23:10 | 自然 | Comments(0)

陽射しは真夏だけど

e0189021_948751.jpg
上空には筋状の雲が広がっている。
不安定な日々が続く
[PR]
by itn_m | 2014-05-15 09:50 | 自然 | Comments(0)

ハリウッド映画 新作?

e0189021_21162060.jpg
車窓に映る怪しい影。
いったいなんであろう

衝撃の映像はこちら
と言って、すごいことはないので期待しないでください。

e0189021_21161861.jpg
疲れ果てて色が悪くなった訳ではない
[PR]
by itn_m | 2014-05-13 21:21 | 自然 | Comments(0)

きたかぜとたいよう

むかしばなしで きたかぜ と たいよう という おはなしがありました

どちらが たびびとの うわぎを ぬがせる ことが できるかという おはなしでした

きたかぜは かぜの ちからで ふきとばそうとし
たいようは あつくて ぬがせるように しました

そして たいようが かちました

みなみのしま では たいようの ちからは とてもつよくて とても しょうぶになりません 

それでも きたかぜは がんばります
けれど やっぱり うわぎはとびません

でも こんな みなみのしまで うわぎを ひつようと させるきたかぜは じつは すごいのかも しれません

e0189021_2210118.jpg
[PR]
by itn_m | 2014-05-12 22:14 | 自然 | Comments(0)

昨日の海

e0189021_2152087.jpg
疾風のように現れて、あっという間に泳ぎ去ったイルカの群れ。
遠かったので、運良くフレームに入ったという感じ。
わかりづらいけど、右は潜る直前の尾が見え、左はジャンプしたて。
あまり天気も良くなく暗いので、前回の帰りに撮ってお蔵入りしていたものを

e0189021_2152126.jpg
3頭が並んで泳いで、タイミングよく2頭がジャンプした瞬間。
手前味噌だがよく撮れたと思う
[PR]
by itn_m | 2014-05-10 21:57 | | Comments(2)