人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

南国往路トピックス

長い時間乗っているのに、降りたら忙しくてアップできていないものを

e0189021_2136164.jpg
東京湾の出口で。
ユリカモメが近いなぁ、撮ってみるかなぁ、ユリカモメだしなぁ、と撮ったらミツユビカモメだった。
漫然と見過ぎていた…。
これがミツユビカモメなら、かなりの数がいたのに…
自分が残念過ぎる

e0189021_21361564.jpg
房総沖でコアホウドリ。
この辺りでは、数の増減はあるがかなりの確立で見られる、と思う

e0189021_21361770.jpg
その直後に現れたクジラ。
ヒレの感じからだとマッコウか?

e0189021_21361764.jpg
背中をうしろから激写(笑
噴気が確認できたらわかったのだが、残念ながら見られなかった

e0189021_21361534.jpg
海面で寄りそうクロアシアホウドリ。
せっかく近かったのにピンぼけ…

e0189021_2158197.jpg
翌朝。
かなり近くを飛んだクロアシアホウドリ。
焦って手ブレ&ピンぼけ。
上尾筒(尾羽付け根の上の部分)が白いタイプ

e0189021_21581100.jpg
こちらは普通タイプ

普段見る機会があまりないので難しいが、そろそろ慣れないといけません

e0189021_21361899.jpg
昨日早々のクジラの出現に期待していたのだが、ほとんど見られず。
目的地入港前にようやく出現した。
これはザトウクジラで良さそう。
なかなか出会いは難しい
[PR]
by itn_m | 2014-02-27 22:05 | | Comments(2)

日没を待つ人たち

ここ何回かでは一番静かな南の島への往路

e0189021_20595235.jpg
この時間にこんなに甲板に人がいるのは最近では珍しい

e0189021_2103977.jpg
良い感じになってきました

e0189021_20595241.jpg
と思ったら水平線に雲が…

e0189021_20595336.jpg
ゆらぎ

残念ながら水平線に沈む夕日は見られず。
ついでに水平線からの朝日もダメだったそうだ。

しかしながら久しぶりの静かな海は心地良かった
[PR]
by itn_m | 2014-02-27 21:10 | 外出記 | Comments(0)

ポカポカ陽気

e0189021_18592615.jpg
穏やかな陽気に誘われて、ちょっとだけ葉山へ。
ダイバーも春のような暖かさでにこやかだった。

せっかく暖かくなってきたのに明日からまた南国へ
小笠原初ダイビングの写真もアップできてないまま、時間だけが過ぎていく
[PR]
by itn_m | 2014-02-25 19:02 | | Comments(0)

つかの間の

家の庭の雪が消えてきた

e0189021_0344112.jpg

e0189021_0344655.jpg

e0189021_0363974.jpg

[PR]
by itn_m | 2014-02-25 00:40 | | Comments(0)

晴れ間

e0189021_21282669.jpg
天気予報が良い方に外れた。
ここでは滅多にないことなので素直によろこんだ。

しかし空気は冷たい。
生き物も気配もほとんどなく、景色は良いがさびしくきびしいところだ
[PR]
by itn_m | 2014-02-22 21:32 | 自然 | Comments(0)

気温差20℃

e0189021_2153424.jpg

e0189021_21534248.jpg

e0189021_21534383.jpg

e0189021_21534349.jpg

e0189021_21534437.jpg

e0189021_21534491.jpg


3日前とのギャップが激しい。
BGMはケミカルブラザーズのStarGuitarで
[PR]
by itn_m | 2014-02-20 21:57 | 外出記 | Comments(0)

快適な帰路

e0189021_236521.jpg
昨日の時化が信じられないくらい静かな港内。
ちなみに中央の三角ブイの下で出航前の3時間前に潜った

e0189021_236514.jpg
見送られる人がたくさん

e0189021_236615.jpg
うねりは残っていたが、外海も快適(残念ながら海鳥とクジラは不発)

e0189021_236649.jpg
水平線に沈む夕日もバッチリ

e0189021_23142469.jpg
翌朝、日の出は不発。
三原山には雪がくっきり。
雪国に帰ってきた感じ

ともあれ、今回ひとつ前の帰京便とは大違いに静かな航海であったことは間違いない
[PR]
by itn_m | 2014-02-18 23:18 | 自然 | Comments(0)

明日は出航日

e0189021_2244419.jpg
9日間いて2日とよい天気が続いた時はなかった。
今日は北西の風で大時化。日替わりメニューである

今日は満月のはずなので、ちょっと表に出てみた。
残念ながら分厚い雲が出ていて月は雲の隙間から一瞬見えたのみ。

港を歩いていると足下に長い触覚が見えた。

e0189021_22103579.jpg
こっ、これは
e0189021_22104848.jpg
オトヒメエビだった。
ファインダーできれいに見えていたが、光量が全く足りていず、まるで盗撮写真のようになってしまった。

が、足下でこんなエビが見られるとは驚きだった。
実は三浦でも見れたりするのかしら。
最終日夜にうれしい発見があった。
[PR]
by itn_m | 2014-02-16 22:13 | 自然 | Comments(2)

バンアレン帯

北国から贈り物が届いた。

e0189021_22451195.jpg
なぜカエル? と思ったが、産卵時期だからに違いない。
さすが小作人だ

しかし関東は相当な雪のようである。
冗談では済まされないかもしれない。
みなさんお気をつけください。
[PR]
by itn_m | 2014-02-14 22:47 | 雑記 | Comments(2)

時化後とは思えない

島の天気は難しい。
野外作業なので、天気予報は重要なのだが。

e0189021_23213091.jpg
朝は突然のスコール。短時間だが雨脚は強い。
雨が降っている向こうに虹

e0189021_23213019.jpg
昨日の時化がウソのように静かな海

e0189021_23213120.jpg
昨日の大岩付近もこの通り

e0189021_23213113.jpg
遠く(2km以上か)では大型ほ乳類の姿も。
みんな穏やかなのが良いみたい
[PR]
by itn_m | 2014-02-13 23:26 | 自然 | Comments(0)