人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋めいて

e0189021_23513520.jpg
何かをしてもしなくても時間は進む
[PR]
by itn_m | 2013-08-27 23:54 | 夕焼け | Comments(0)

実る

e0189021_23475887.jpg

e0189021_2348177.jpg
対イノシシ防護策も異常なし
[PR]
by itn_m | 2013-08-23 23:49 | 自然 | Comments(0)

うねり強し

e0189021_23462377.jpg
行くか止めるか思案中だろうか
[PR]
by itn_m | 2013-08-23 23:45 | | Comments(0)

堕落キャンプ

e0189021_23413764.jpg

e0189021_23413868.jpg

e0189021_23413742.jpg

e0189021_23413993.jpg
四家族にまじってのキャンプ。
食事は全て作ってもらい、寝るのはバンガロー。
喰って飲んでただけで、出した道具はライト、寝袋、割り箸だけ、というだらけっぷり。
子どもに癒された。
みなさん、ありがとうございました。
[PR]
by itn_m | 2013-08-22 23:40 | 自然 | Comments(5)

花火中止の日に

e0189021_01156.jpg

[PR]
by itn_m | 2013-08-20 00:00 | 備忘録 | Comments(0)
回線状態の波があって、毎日更新できなかったら、あっという間に最終日。
ダイビング三昧の日々であった。

e0189021_2291444.jpg
岩の隙間にいるのを見つけ、目が合うと「あ〜〜〜見つかっちゃった〜〜〜」と言う感じでゆっくり動き出した。
ヒレにフジツボ?がたくさん付いていた

e0189021_2285035.jpg
こちらは目が合うや否や「あ、ヤバっ」と一目散に浮上し泳ぎ去った。
付着物は一切ない

上の個体の甲羅には藻類が付いていたが、下の個体にはほとんど見られなかった。
下の個体は若干小さいが、それほど年齢差はないと思われる。

ウミガメにも個性はあるのだと感じられる対照的な2体であった。
[PR]
by itn_m | 2013-08-18 22:17 | | Comments(0)

三宅島その1

e0189021_22451667.jpg
流石に伊豆よりも青く澄んでいる

e0189021_22442281.jpg
カメラに振り回されて写真はメロメロなものばかり。
でもこのハタタテハゼが見つけられてかなりうれしい。
やはり南国

つづく
[PR]
by itn_m | 2013-08-16 22:47 | | Comments(0)

三宅島へ

e0189021_5482599.jpg
という訳で、15日2320、船は竹芝桟橋を離れた

e0189021_5485762.jpg
翌16日0450、三宅島に無事接岸

海況はすこぶる穏やかだった。
さてどのような島なのか、楽しみだがとりあえず眠い
[PR]
by itn_m | 2013-08-16 05:53 | 外出記 | Comments(0)

真夏の草原

気がついたら2週間近く間が空いてしまった。
出張先にネット環境はあったのだが、思いのほか1日の予定がハードで更新をしているゆとりがなかったのだ。

ハードだったが涼しかった東北から帰ってきてすぐ、青梅の仕事にでかけた。
最高気温で日本新記録がでた連日である。
炎天下では身の危険があるため、傘を日よけにしていた。

するとパラパラとお客さんがやってきた

e0189021_22151651.jpg
シジミチョウの仲間。
ツバメシジミだろうか、こぼした水を飲みにきた

e0189021_22151673.jpg
傘の下にはカメムシの仲間。
刺されたらやだなぁと思っていたら思わぬ伏兵がいた

e0189021_22273010.jpg
バッタの仲間。なんだろう。
まずは、こぼしたおにぎりを食べにきた。ちなみに具は鮭であった

e0189021_2214553.jpg
今度はザックに昇りストラップを齧り始めた。
汗のエキスを堪能しているのだろうか。

e0189021_22151747.jpg
さらには暑くて脱ぎ捨てた靴にも興味を示し、ガリガリ音を立てて齧り始めた。

ここで倒れたらバッタに喰われていたに違いないと思った

2週間分の間を埋めたいけれど、明日の夜から三宅島へ
[PR]
by itn_m | 2013-08-14 22:33 | 自然 | Comments(0)

岩手へ

自由に動ける、と思ったのもつかの間。
有り難いことに辞めてすぐに仕事が入った。
場所は岩手県宮古の近く。
沿岸部の状況もものすごく気になっていたのだが、そこまで行っているゆとりは全くなかった。

e0189021_2217616.jpg
7月31日初日。
ピントが合わないほどの濃霧

e0189021_2217663.jpg
8月初日だというのに前の日よりヒドい濃霧

e0189021_2217724.jpg
最終日。
ようやく晴れ渡り、いた場所の全容が把握できた。

しかしながらせっかくここまで来たので、どのくらい進んでいるのか進んでいないのか、この目で確かめたかった。
[PR]
by itn_m | 2013-08-02 22:17 | 外出記 | Comments(2)