人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

個性がある

e0189021_22113071.jpg
今年来ているツグミはとてもシャイである。

どんなに慎重にレンズを向けても気がつくとすぐ隠れてしまう。

一昨年の個体は家の中まで気にしなかったのだが。
[PR]
by itn_m | 2013-02-26 22:14 | | Comments(0)

ヘロヘロ

あり得ないことが起きた。
あろうことか、観察会中に海に落ちてしまったのだ。
参加者の前で面目丸つぶれであった(笑)

思った以上に疲れてるのかもしれない。

e0189021_18501625.jpg
こんなのが出て来る季節になりました。
ちゃんと装備して見よう
[PR]
by itn_m | 2013-02-24 18:53 | | Comments(5)

週刊ブログ

なんやかんやとやらなければならないことが続き、2月はすっかり週刊化してしまった。

やっと今日で一応一段落。
先のことを考えてもしょうがないが、3月も休みがほとんどなさそう。

e0189021_18175826.jpg
ほっと一息。
水墨画の世界か、福田平八郎か。

ところで江戸時代の土佐派の絵画を知っている人っていますか?
[PR]
by itn_m | 2013-02-23 18:21 | 雑記 | Comments(0)

まだまだ続く

ソロモンの大地震から10日以上経ってしまった。
現地は未だに揺れているらしい。
昨日は隕石がロシアに落ちた。
安穏としていて良いのだろうか、とちょっとだけ思う。

久々にカメラを持った。
目の前にはこれも久々にカワセミの姿が。
ちょっと遠かったのだが、とりあえず撮る。

e0189021_2123573.jpg
画質が悪いので小さめにトリミング

e0189021_2123557.jpg
下を見てます

e0189021_2143622.jpg
目当ての魚はいなかったのでしょうか

e0189021_2123639.jpg
と、思ったらいきなり飛んだ

e0189021_2123780.jpg
間に合わず、ダイビング後

e0189021_2123718.jpg
あっという間に飛び去る。良く見るとくちばしの部分に白いものが

e0189021_2123738.jpg
見事キャッチしてました。

早くて何が起こったか、まったくわからずでした。


追伸:どなたか団塊の世代とうまく付き合う方法を教えてください。
[PR]
by itn_m | 2013-02-16 21:08 | | Comments(0)

君子蘭咲く

今日は雪予報が大きく外れました。
前回ヒドいめにあったので、世の中慎重になったみたいです。

ソロモン諸島ではM8.0の大きな地震があった。
津波も心配だけど、東北と同じ太平洋プレート上というのも気になるところです。

ところで

e0189021_2214381.jpg
友人に頂いた君子蘭が今年も咲いた。
前回咲いたのは去年だったか、一昨年だったか…
ブログにあげたはずなのにわからなくなってしまった。

ともあれ前回より花芽も多く花の形も良い。
まだまだ楽しませてくれそうであります
カリフォルニアはいかがでしょうか?
[PR]
by itn_m | 2013-02-06 22:10 | 家の自然 | Comments(0)

おもしろネタ始末期

昨日の朝、横須賀市佐島の漁港内にイルカがいる、という情報が入りました。

e0189021_19215724.jpg
早速現場へ駆けつけると、確かにイルカらしきもののヒレが2つ見られました。

e0189021_19215871.jpg
あまり警戒した様子は見られず、岸壁まで近寄って来たので間近で確認することができました。
調べではハナゴンドウと判明、体長2〜2.5mほどの大きさだったことから年齢2〜3歳と推測されました。
また地元漁師さんの話では一昨日から港内にいたもようです。

e0189021_19215887.jpg
頭の右辺りに
新しい傷がありましたが、あまり影響はなさそうでした。

e0189021_19215994.jpg
珍しいことだったので、FaceBookに投稿しましたが、その後「人が来て騒ぎになると大変なので、追い出しをしなくてはならなくなるかもしれない」との証言を地元の人から得ましたので、すぐに投稿を削除した次第です。
追い出しの仕方によってはハナゴンドウにとって良くない状況になることが考えられたからです。

今朝確認したところ姿が見られず、漁師さんから、昨日の夕方湾を出て行ったとのに話を聞いたので、解禁に踏み切った次第です。
結局2日だけの滞在だったようです。
このような機会はあまりないので、お知らせいたしました。
[PR]
by itn_m | 2013-02-01 19:37 | | Comments(2)