人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2012年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

9月最後に

e0189021_1841194.jpg
1300頃
本当に台風は近づいているのだろうか、と疑ってしまうくらい海も陸も静かだった。

1530頃、空が暗くなり始めたな、と思った途端に急にやって来た。

近畿、東海は凄まじい雨のようだ。
三浦半島も先日京急の崖が崩れたくらいに雨が降っている。

心配しても仕方がないが心配だ。
[PR]
by itn_m | 2012-09-30 18:44 | 自然 | Comments(0)

庭の一品

e0189021_21521138.jpg
庭に放置されたニラの花を摘んで豚肉と炒めたもの。
なかなかいける一品となった。
茎はない方が食感は良いと思う。

大きな台風が近づいて来ている。
進路がどうなるか心配
[PR]
by itn_m | 2012-09-28 21:55 | 家の自然 | Comments(0)

暑いのか、寒いのか

今日は強烈な北風が一日中吹き荒れている(現在も)

風に当たるとものすごく寒く、風を避けて日向にいると結構暑い。
月面か…

e0189021_211842.jpg
こんなきれいな夕焼けになるとは思わなかった。
[PR]
by itn_m | 2012-09-27 21:19 | 夕焼け | Comments(0)

初田貫湖

以前から行ってみよう、と言っていただけでなかなか実現しなかった場所に行ってきた。

富士山がきれいに見える、という以外は予備知識なし。
どういうところかも、よくわかってなかった。

確かに富士山はとても美しく(到着した日はほとんど見えず)、キャンプ場はきれいに整備されていた。
そう言えばテントを張ると言う行為もここ何年かしていなかった。

誤算は気温だった。
平場が夏の暑さを残していたので、油断して服を持って行かなかったら寒いのなんの。
標高が高いところはこの時期用心しなければならなかった。

それを除けば、何もしない(食べて飲んで寝るだけ)という、ものすごく贅沢な時間が過ごせたと思う。

e0189021_2123217.jpg
2日目の夕方。

まぁ富士山の写真はやたらと撮ってきた。
写真が整理できたら記録を載せる予定。
[PR]
by itn_m | 2012-09-26 21:37 | 外出記 | Comments(0)

一気に冷え込む

最近は冬→夏→夏→冬って感じで、過ごし易い季節がほとんどないように思う。

e0189021_22175724.jpg
天井近くで鳴いていた昆虫。
金属的な音で、最近よく聞くのだが名前がわからない。
[PR]
by itn_m | 2012-09-23 22:20 | 自然 | Comments(0)

目まぐるしく変わる天気

e0189021_18115298.jpg
ここのところ、降ったり止んだり、晴れたり曇ったり、とてもめまぐるしく変わる空模様。

今日も目が回った。

e0189021_18134534.jpg
コウモリが3個体ほど、明るいうちから高いところを舞っていた。

しかし秋の日はつるべ落とし。
あっという間に暗くなってしまった。
[PR]
by itn_m | 2012-09-18 18:15 | 自然 | Comments(0)
という防災訓練が16日の日曜日に行なわれた。

神奈川県、横須賀市による総合訓練で、警察、消防、自衛隊、在日米軍などなど100機関から1000人規模が参加したそうだ。




e0189021_15182868.jpg
静かに浮かんでいる自衛隊の輸送艦。
幾度となくヘリコプターが着艦を繰り返していた。

e0189021_1518297.jpg
気がついたらいた大型ホバークラフト。
エアクッション艇というらしい。これも輸送艦から出てきたようだ。

e0189021_15182939.jpg
水しぶきを上げて浅海を突き進む。
こんなの初めて見た。釣り人もさぞや驚いたことだろう。

e0189021_15183029.jpg
訓練を終え、帰還していく輸送艦。
陸上側は全く平穏で、事情を知らなければ、ただただうるさいだけであった。

地元にも「うるさいけど、なにやってんだ」という人がいるほど。
こんな近くで大掛かりなことをやっているにも関わらず周知度が低いんじゃないだろうか?

何かあった時のことを考えると、とても心配になる。
防災無線で一言、こんなことやってます、くらいすれば良いのに。
[PR]
by itn_m | 2012-09-16 15:27 | 備忘録 | Comments(2)

アシダカグモ顛末記

前の日にあったことなど忘れている場合が多いのだが、今回はしっかり覚えていた。

さてどうなったか同じ場所を見てみると

e0189021_21524836.jpg
哀れ、そのままの状態で置き去りにされていた。
しかも無数のアリにたかられていた。

全くの無駄死にであった。
生きながらにハチの幼虫の食料となるか、アリに分解されるか。
どちらにしても、とてもコワいイヤな選択であることに間違いない。
[PR]
by itn_m | 2012-09-15 21:55 | 自然 | Comments(0)
e0189021_2233755.jpg
コンクリートの上にごろりと転がったアシダカクモを見つけた。
この暑さで参ったのかと思ったが違った。
触れると足がピクピク動く。

もしや、と思ったら現れた
e0189021_22493624.jpg

ツマアカベッコウ、もしくはツマアカコブベッコウ。
正式な名前はどちらかよくわからないが、クモを狩るハチ。
クモに麻酔をかけて動けなくし、巣穴に入れて卵を産んで子育てをする。
今回仕留めたアシダカグモは自分より1.5倍くらい大きかった。

運ぶのがメンドクサイのか
e0189021_2236637.jpg
扉の隙間を探ったり

e0189021_2233969.jpg
ドアの空気抜き?の隙間に入ってみたりしていた。

おしまいまで見られなかったが、首尾よくことを成し得ただろうか。

で、結局益虫なのか害虫なのかは未だ保留中
[PR]
by itn_m | 2012-09-13 22:46 | 自然 | Comments(5)

連日の晴天

e0189021_16294320.jpg

山形から東京湾と連日炎天下の作業はさすがに応えた。

利根川系ではついに取水制限がされた。
集中豪雨的な雨では十分に潤わないようだ。
ダムがたくさんあっても雨が降らないことにはどうにもならない。

自宅周辺も時折豪雨に見舞われるが、地面はカラカラに乾いている。

そろそろ普通に雨が降ってほしいものだ
[PR]
by itn_m | 2012-09-12 16:37 | 自然 | Comments(0)