人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

GW前半戦終了

油断した、というかなんと言うか、
前回の続きを放ったらかして遊んでしまったら、ヒドい風邪にやられてしまった。
家人が2月頃から勤務先の保育園から菌をもらって体調を崩していたのがきっかけだろう。
歓送迎会で行ったカラオケボックス内にすごい菌がいたのかもしれないが…

話には聞いていたが、これほどしつこいと言うか、強いとは思わなかった。
治ったなぁ、と安心していると次の勤務でまたもらってくる。
ベテランの保育士さんでも、乳幼児担当になると必ずもらってしまうようだ。
赤ちゃんのケアはもちろんしなければならないが、面倒をみる大人もリスクが大きいのである。

2日間寝込み、回復しないので医者に行って何とか動けるようになった。
ちなみに同じ医者に行き、症状が違うのに処方された薬は一緒であった…

GWも3日目。最大9連休。
どこにも行けないので、自宅でキャンプ気分だけでも味わった。

e0189021_2355369.jpg
やっぱり炭火焼は美味しい。
自由な時間を取り戻さないと(汗
[PR]
by itn_m | 2012-04-30 23:59 | 雑記 | Comments(0)
突発的に生ビールだけで終わってしまったかのような慰安旅行。

アップできないうちに風邪を引いてしまっただけで、ビールを飲んだ翌日もきちんと観光してきた。

e0189021_22432739.jpg
子どもの時に乗ったような気がするロープウエイ。
果たして本当に乗ったのか定かではないが、ともかく正しい観光旅行だ。

e0189021_22383650.jpg
峠を越えて眼下に広がったSF的光景。
高いだけの価値はあった。
e0189021_22383612.jpg
硫黄を取るための施設だろうか。

e0189021_22383719.jpg
駅に到着。見上げると至る所から白煙が噴き出していた。
中腹辺りが観光スポットのようだ。

e0189021_22383786.jpg
整備された道を上がって行くと記念写真用広場に出た。
周りの荒涼とした雰囲気に似合わないのどかさだ。

e0189021_22383988.jpg
温泉が吹き出しているプールからも白煙が。
とても硫黄臭く、真面目に息が詰まった。

e0189021_22382435.jpg
そんな悪条件のもと、大勢の人が集まって何やらしている。
みんな、ここで温泉卵を買って食べているのだ。

e0189021_22545999.jpg
入り口の看板には地味におそろしいことが書いてある。
右にはセンサーがあって、緑ランプならOK、黄色が注意、赤は退避、のようなことが告知されていた。
低木に隠れて佇んでいたのもなんかこわい。

e0189021_22545974.jpg
改めて見上げるとやはりこわいとこに居たんだなぁ、と実感。
何時爆発するかわからないけど、なかなか活火山の中に入るなんてできない体験だ。

e0189021_2255179.jpg
散策路の脇にチョロチョロ動いていた美しい甲虫。
ツチハンミョウ。
美しい姿とは裏腹に危険な武器を持っている。

e0189021_2255065.jpg
結局釣られて買ってきていた(笑
さすがに現地で食べる気にはならなかったけど。

e0189021_225517.jpg
剥いてみたら中は普通のゆで卵だった。
食べると確かに温泉のにおいがした。

この1日後にヒドい風邪を引いてしまったので、あまり効果はなかったのか?
延命はしたのかな?
[PR]
by itn_m | 2012-04-24 22:34 | 外出記 | Comments(0)
e0189021_2123597.jpg
という名目のもと、出かけた宿屋でまず癒されたのは自分だった。
[PR]
by itn_m | 2012-04-23 17:20 | 外出記 | Comments(0)

渡り鳥到来

昨日の夕方、海から耳慣れない声が聞こえた。

もしやと思って海岸に行くと

e0189021_22532813.jpg
チュウシャクシギが飛んでいた。
今年もはるか南からやって来た。
昨年も初認は今くらいだった。
今日も声が聞こえたので、しばらくいるかもしれない。
ちなみにホトトギスの声も聞くことができた。

渡り鳥は何時の頃から海を越えて、遠くまで繁殖や越冬のために飛ぶようになったのだろう。
自分の考えていることが本当に小さく思えてしまう。
と言いつつ、今日は少し良いことがあったのでちょっと気持ちが前向きになった。
[PR]
by itn_m | 2012-04-22 23:02 | | Comments(0)

本日ベタ凪ぎ

今日は大潮3日目。
初日からだんだんと引き具合も時間も良くなってくる。

満月・新月の前後4〜5日は良いのだが、意外と天候に恵まれず観察に適した日は少ない気がする。
今日は晴れ間があまりなかったものの、風も穏やかで、引き具合も時間もベストな状態だった。

が、目が悪いのか、勘が悪いのか、あまり生物は見つけられず…

e0189021_21355729.jpg

e0189021_21355746.jpg
クローズアップレンズを試した2枚。
まぁまぁ撮れてるかな。
上がムカデミノウミウシ、下がサガミミノウミウシ。
ブルーとピンクで小学生のランドセルカラーみたい。

一度目に入ると同じ種類ばかり見つかるから不思議。
[PR]
by itn_m | 2012-04-21 21:38 | | Comments(0)

たまにはこういうのも

e0189021_1923554.jpg
ふだん滅多に口にすることのないもの、スィーツ。

お祝いがあったり、労いであったりする時にお目見えする。
たまーに食べるとやはり美味しかったりする。

今回はショートケーキのほかにチョコレート系のケーキを購入した。
このチョコ系がワイン、シングルモルトウィスキーに絶妙にあった。

こういうのはたまにあるから良いのであって、頻繁にある、という時は家庭の危機かもしれない(笑
[PR]
by itn_m | 2012-04-20 19:11 | 備忘録 | Comments(0)

深夜の電車内

e0189021_0493260.jpg

e0189021_0493213.jpg

e0189021_0493374.jpg
以前は普通の扉たっだのに完全に隔離された
[PR]
by itn_m | 2012-04-18 00:52 | 雑記 | Comments(0)

若潮の日

若潮とは、潮の干満が再び大きくなっていく状態を「潮が若返る」と表現している。

観察条件は良くないが、なかなか時間が取れないので仕方がない。

魚は3〜4cmくらいのキヌバリの幼魚の群れ、1〜2cmくらいのアゴハゼの群れが見られた。
ほかにボラの成幼魚、クサフグ、カジカ類など。

ウミウシ類は確認できず、甲殻類はホンヤドカリ、イソスジエビ、スジエビモドキくらい。
潮が満ちていたので、触手が開いたタテジマイソギンチャク、ヨロイイソギンチャク、不明イソギンチャクが見られた。

鳥はトビ、コガモ、ハクセキレイ、ムクドリ、ハシボソガラスくらいだった。

e0189021_2158758.jpg
ハマエンドウ
e0189021_21595224.jpg
ハマダイコン
今年のハマダイコンは開花が遅かった。
[PR]
by itn_m | 2012-04-16 22:01 | 自然 | Comments(0)

夕日はお休み

12日を最後に夕日は拝めず。

昼間は暖かく夕方に冷え込むという日が続いた。

e0189021_21394779.jpg
e0189021_21394751.jpg
e0189021_21394824.jpg
海は凪ぎ。
色が少なく影絵の世界
[PR]
by itn_m | 2012-04-15 21:37 | 自然 | Comments(0)

冬に逆戻り

今日は一日中冷たい雨。

雨に濡れた手が北風で冷やされて、久しぶりにかじかむ、という感覚に見舞われた。

この雨で桜もかなり散ってしまったようだ。

以前は雨が降ると道路も空いて快適に走れたのだが、ここ1〜2年は状況が変わってきている。
ガソリンが高くなっているからか、妙にゆっくり走る車が多いのだ。
一定のスピードでなるべく止まらないことが燃費のためにはを良いと思うのだが、ゆっくりで尚かつ不安定という車が増えてきた。

信号のタイミングの酷さっていうのも大きな要因の一つではあるのだが…

e0189021_21295393.jpg
よく晴れた穏やかな大潮の干潮時に観察できたエビ。
アシナガモエビなのか、アシナガモエビモドキなのか、オスなら明確な特徴があるのだが…
ヤマトモエビという線もある?
[PR]
by itn_m | 2012-04-14 21:47 | | Comments(0)