人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

パッとしない

気温はそれほど高くないのにジメっとした日々。

大雨が降る覚悟はしているのにこの辺りは避けられているのか。

その一方で新潟、福島は大変だ。
天候ばかりは本当にどうしようもないが、やりきれない思いもする。

ところで海の中も様子が毎年違う。
今年はチョウチョウウオの幼魚が多い気がする。

多いのだが、警戒心が強く、一度隠れてしまうとなかなか姿が見られなくなる。

e0189021_21395057.jpg
そんなこんなで苦心した物の冴えない一枚。
フウライチョウチョウウオの幼魚。
でも圧倒的に多いのはチョウチョウウオ。
きれいに撮りたいのだが難しい。
[PR]
by itn_m | 2011-07-30 21:42 | | Comments(0)

雨粒は意外と痛い

バイクで走行中、身体にビシビシ当たる物があった。

砂粒か、小石かと思ったのだが、風もなくダンプも走っていない。

薄着だし、半袖でもあったので結構痛い。

そのうちにヘルメットのシールドに水滴が付き始め、ようやく雨が降っていることに気がついた。

粒が大きいと結構痛いものです。

e0189021_2362429.jpg
昨日上空を通過したヒメアマツバメ。
ヒュンヒュン気持ち良さそうに飛び回っていた。
とても速い。どこへ行くのだろう。
[PR]
by itn_m | 2011-07-29 23:07 | 自然 | Comments(0)
e0189021_21514667.jpg
曇りがちなのにすっきり見える富士山。
湘南モノレールの富士見町を過ぎた辺りから。
町名は伊達ではなかった。

e0189021_21514619.jpg
なかなかに幻想的であった。
[PR]
by itn_m | 2011-07-27 21:54 | 富士山 | Comments(0)

梅雨に逆戻りか

e0189021_21361592.jpg
前日の午後から予兆はあったが、朝からやや強い南風が吹いていた。

人影もまばらで、泳いでいた小学校低学年の男の子たちは風に吹かれてとても寒そうだった。

e0189021_21361662.jpg
様子を見て早々に引き上げている途中で3歳くらいの幼児と母親の集団とすれ違った。
子供たちは元気に海の中に入っていったが、その後大丈夫だっただろうか?
確かに子供の体温は高いけれども。
[PR]
by itn_m | 2011-07-26 21:35 | | Comments(0)

夏の葉山

e0189021_2194359.jpg
ひと月ぶりの葉山。
月曜日なのになかなかの賑わい。
夏はこうでなくてはいけない。

e0189021_2114368.jpg
海の中も大賑わい。入ってすぐに取り囲まれた。
美しい。
ウルメイワシっぽい感じがする。

e0189021_21184064.jpg
先月撮れなかったイシダイの幼魚。
向こうから近寄って来る。
近寄り過ぎて撮れないことも多々ある小さい時はかわいい魚。

e0189021_21203244.jpg
先月もいたのだろうけど、ポイントを外したので見られなかったソラスズメダイ。
成魚の群れにスズメダイやカゴカキダイ、イシダイ、ニシキベラなどが混ざっていた。

e0189021_21223823.jpg
小指のツメより小さいウミウシ。
肉眼ではよくわからず(笑)写真で確認したらシロウミウシだった。
ちょっと海が荒れ気味でウミウシ類はほとんど見られなかった。

e0189021_2124836.jpg
イソカサゴ。
ノンビリした風貌とは裏腹にヒレの棘には毒があるようだ。
毒で防御している魚はノンビリしてたり堂々とした感じがする。

おまけ
e0189021_21324173.jpg
屋台のおじさんがタイムサービスと言って配っていたかき氷。
売れ残りでもなさそうだし(でもほとんど溶けていたけど)どういう意図があったのかは不明である。
小さいながらもケースには20個くらい入っていて、いずれにしても気前が良かった。
[PR]
by itn_m | 2011-07-25 21:07 | | Comments(0)
e0189021_21511988.jpg
前回ダイブのお蔵入りのトリはトゲアシガニ。
紹介するほど良く撮れている訳でもないが、わざわざダイビングで見るほどのカニではないしで、意外と見過ごされていることも多いカニではなかろうか。

ある人が背中の模様が立教大学のマークに似ていると言っていた。
それ以降、このカニを見るとついリッキョウダイガクと思ってしまう。
気になる人は調べてみてください。

今日は夏らしくなるかと思ったのだが、マーゴンの影響か海は北風がピューピュー吹いていた。
観察会があったのだが、濡れた子供たちは寒そうで気の毒だった。
こんなに長く切れが悪い台風は珍しいのではないか?

まるで今の政権みたい…
[PR]
by itn_m | 2011-07-23 22:00 | | Comments(0)

カニづくし?

昨日に続いてお蔵入り画像第2弾。

e0189021_22125889.jpg
ベニツケガニと思われるペア。
このカニも前日同様に岩礁の隙間などに生息している、ごく普通に見られるカニ。

でもこの2匹には何だか注目してしまった。

理由は…
だいたいメスよりオスの方が大きいことが多いのだが、オスの方がメスより一回り以上小さかったこと。
そして何より、その体格差でオスがメスを抱えて泳いでいたこと!
この種類のカニは一番後ろの足がオールのようになっていて、泳ぐのに便利なようにできているのだが、こんな大きなメスを抱えて泳いでいる姿は初めて見た。

泳いでいるところを押さえたかったのだが思ったより速く、すぐに手近な岩に着底してしまった。
笑っちゃ悪いのだが、その必死な姿に吹き出してしまった。

しかし何で泳いでいたんだろう?
何かに襲われそうになったのか、はたまた別のオスが横取りしようとしてきたのだろうか?

いずれにしても、離れることなく一緒にいたメスには、このオスに対して何らか感じるものがあったのだろう。
不思議である。

ところで台風は振り出しに戻りそうな感じだったけど、どうやら北に向かうことにしたらしい。
明日から夏が戻りそうな気配。
[PR]
by itn_m | 2011-07-22 22:42 | | Comments(0)

台風に翻弄された?

なんだったんだマーゴン。
あんなコースを迷走した(している)台風はかつてあっただろうか?
今の世の中を台風が示しているようだ。

直撃された四国や紀伊半島は大変だったのだろう。
が、こちらは雨もそこそこ、風は今日になって北風がビュービューってくらいなもの。
なかなか進まない巨大台風ってことで警戒していたけど、この辺りは大したことはなかった。
箱根は全山通行止めで大変だったようです。

いろいろな意味で参りました。

e0189021_22205734.jpg
これは先月のダイビングでお蔵入り?になってたもの。
ショウジンガニという、割りと浅いとこの岩の隙間にいるいたって普通のカニ。
でもこういうところにいると全くイメージが違って見える。
TPOって大事?
[PR]
by itn_m | 2011-07-21 22:24 | | Comments(2)

富戸の海

1ヶ月ぶりのダイビング。
台風がせまり、とてもダイビングどころではないだろうと思われたが、ここはほとんど影響が出ていなかった。
それより、前回の濁りとは打って変わって透明度が良いほどだった。
が、台風を避けてダイバーがここに勢揃いしたって感じの大賑わいであった。

e0189021_22358100.jpg
ハナハゼ。
好きな魚のひとつ。
ハゼと名前が付いているがハゼ科ではない。
尾びれのヒラヒラが特徴のきれいな魚だ。

e0189021_2235980.jpg
こんな風に海底より上をユラユラ泳いでいる。こんなところが一般のハゼ類とはちょっと違う。
優雅だである。

が危険を察知すると

e0189021_2235889.jpg
テッポウエビとダテハゼがいる巣穴に一瞬のうちに潜り込む。
ちなみにダテハゼはテッポウエビがせっせと掘る巣穴に同居して、目の悪いテッポウエビに危険を知らせる役目をしている。
ハナハゼは間借りだけしているようで、何を彼らにもたらしているのかわからないらしい。
何事もなかったようにしているが、急に飛び込んで来て迷惑じゃないのかな?

ハナハゼは顔だけ出してこちらを伺っているがなかなか出て来なかった。
警戒心が強いのだ。

e0189021_223597.jpg
上を見上げるとクロホシイシモチのペアがたくさんいた。
左のはオス。
口が膨らんでいるのはメスが産んだ卵を保護して育てているから。
よくわからなかったけど、ひょっとしたら稚魚になっていたかもしれない。

e0189021_22351095.jpg
こちらも悠然と構えるミノカサゴ。
ヒレの毒に絶対的な自信を持っているようだ。
まるで水槽を覗いているような感じの透明感。

e0189021_22351081.jpg
ちょっと小さい個体。
海底にへばりついていたけど何していたのだろう?

せっかくのコンディションだったのに不注意から車のバッテリーを上げてしまい、その対処のため2本目が潜れなかった…
残念
[PR]
by itn_m | 2011-07-20 22:56 | | Comments(0)

今日の富士山

今日は1日中富士山が見られた。
去年もこの時期、1日くらいあったような気がする。

e0189021_2012361.jpg
0900
写っている鳥がカワウなのが残念な感じ。

e0189021_20123793.jpg
1930
コウモリが飛んでいたけど写らなかった。
[PR]
by itn_m | 2011-07-17 20:14 | 富士山 | Comments(0)