人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー

<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

人・ゴミ・風

e0189021_21353746.jpg
想像を超えた荒天が好転し、まずまずの好天となった今日。
たくさんの人と打ち寄せられたゴミと午後から再び吹き荒れた風に翻弄された1日となった。
でも、このまま暖かくなってくれれば良いのだけど。
[PR]
by itn_m | 2011-04-24 21:40 | 富士山 | Comments(0)

雨と言えば

e0189021_22515780.jpg
カタツムリだが、今日の降りはそういう和やかな雰囲気にはほど遠い感じだった。

それにしてもカタツムリを見て喜んでいる人が増えてきたのがちょっと気になる。
身近な生き物だったのに見る機会が減っているみたい。
[PR]
by itn_m | 2011-04-23 22:54 | 自然 | Comments(2)
先日久しぶりに良い感じの湿地を歩いた。

e0189021_2211506.jpg
可憐な花が咲いていたので写真に撮った。

かつて見ているはずで、知っているはずなのに名前が出てこない。

年齢だけの問題ではなく、鍛え方の問題なのだと思う。
[PR]
by itn_m | 2011-04-22 22:14 | 自然 | Comments(2)

鎌倉で見たもの 本編

薄ら寒い日が続く。

花冷えという言葉があるが、その頃を過ぎた今、言葉通り以上の寒さを感じる。

e0189021_222239100.jpg
「トルフクンラフ」とは何だろうか?
さすが鎌倉、屋台まで観光の最先端をいっていると真面目に思った。
いったい何であろうと期待に胸を膨らませた…

前回までの2回はこれを際立たせるための布石だった。

余計に寒くなってしまった…
[PR]
by itn_m | 2011-04-20 22:31 | 雑記 | Comments(2)
八幡宮の大銀杏を見てきた。
付近は通過するのだが、寄っている気持ちのゆとりがなく、倒れてから1年以上経ってからの訪問となった。
(実はもっと前に倒れていたと思っていた)

e0189021_21345434.jpg
手前が元々あった根の部分、奥が移植したその上の部分。
見事に復活していた。

1000年後には大銀杏が2本になるのかな?
[PR]
by itn_m | 2011-04-17 21:39 | 自然 | Comments(0)

鎌倉で見たもの

e0189021_22534375.jpg
美術館前の池にあった看板

e0189021_22534392.jpg
甲羅が30cm以上あるスッポンが悠々と泳いでいた。
それも3匹。確かに危ないかもしれない。

e0189021_22534460.jpg
めちゃくちゃだらしない格好で昼寝をしていたヘビ(アオダイショウ?)。
看板からすると、こちらは特に警戒されていないようだ。
驚きの声を上げるギャラリーは多かったが。

で、危険な亀はいくら探しても見つからなかった。
何かスゴいのが居着いているのだろうか…
[PR]
by itn_m | 2011-04-15 23:00 | 自然 | Comments(2)

半年ぶりのダイヤモンド

あんまり乗り気ではなかったのだが、職場の人にも勧められたし、帰り道なのでちょこっと寄ってみた。

e0189021_22395720.jpg
沈み始め。
うーむ、やや左ではないか…。

e0189021_22395878.jpg
半分沈んだら、かなり中心に近くなった。軌道がだいぶ斜めなのである。

e0189021_22395975.jpg
2/3に沈んだところで、ど真ん中だろうか。立ち位置でとても微妙になるのだった。

e0189021_22395941.jpg
ダイヤモンド
というかなんというか…。
側にいたおじさんは「今年4回目のど真ん中だ」と大層喜んでおられた。
何はともあれ、こういうゆとりも大切だと思う。

e0189021_22395752.jpg
これだけ集まるとゆとりなのか、何なのかよくわからないけど。
少なくとも偶然の自然景観を共有できたことは良いことだ。
[PR]
by itn_m | 2011-04-14 23:01 | 富士山 | Comments(0)

サクラ

e0189021_21163771.jpg
[PR]
by itn_m | 2011-04-13 21:17 | 自然 | Comments(2)

2ヶ月ぶり

八幡野でのダイビング。

e0189021_21544818.jpg
潜水してすぐに見られたサラサエビとバフンウニ。
ウニはほかにもムラサキウニ、アカウニ、シラヒゲウニなどが見られ、サラサエビも多く見られた。
これらがよく観られる時はだいたい天気が芳しくないことが多い(暗い方が活発)。

e0189021_215740100.jpg
イシダタミヤドカリ。
ヤドカリ類も暗い方が良い感じがする。
エビカニ好きは天気が余りよくない方が良いのかもしれない。
ちなみに自分もエビカニ好きであるが太陽が出ていた方が好きである。

e0189021_21574050.jpg
ヒラタエイ。
砂地で休息中。

e0189021_2154473.jpg
イセエビに押し出されるような感じのトラウツボ。
ウツボの方が強そうだが負けていた。

イセエビがいるとタコが食べにくる→ウツボはタコを食べる(トラウツボも食べるかは不明)→イセエビはウツボに守られる

という相関関係があるかも知れないがどうだろうか?
[PR]
by itn_m | 2011-04-10 22:07 | | Comments(0)

2日遅かった

e0189021_22312365.jpg

e0189021_22312390.jpg
ここでは4月5日にダイヤモンド富士が見られたようだ。
2日違いでかなりズレるものだと変な感心をした。
家でも同じ日に見られたはずだったのだがボンヤリしていて見逃した。
まぁいいか
[PR]
by itn_m | 2011-04-07 22:34 | 夕焼け | Comments(0)