人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

家でもガマ合戦

先週後半の春の陽気が幻のように冷え込んだ今日。
北風がビュービュー吹き荒れみぞれまで降ってきた。

先週の木曜日の夜、春の陽気と雨に誘われ今年もヒキガエルがやってきた。

姿を確認したのは5匹。
鳴き声を合わせると8匹以上はいたんじゃないかと思われる。

激しい争いは見られず、1ペアが暗闇にひっそりと佇んでいた。
e0189021_18574664.jpg
この日の産卵はなかったが、昨日の朝に卵隗がひとつ確認できた。
去年より10日以上早い。
[PR]
by itn_m | 2011-02-28 19:02 | 家の自然 | Comments(0)

浮島海上水面移動

e0189021_18181676.jpg

e0189021_18181669.jpg
次回は水上からも眺めてみたいところだった。

おしまい
[PR]
by itn_m | 2011-02-25 18:16 | 自然 | Comments(0)

浮島海中記後編

後編は砂浜からそのまま潜るスタイル。

e0189021_22522958.jpg
足の立つところで顔をつけたら、いきなり見つかった(見つけてもらった)。
クロモウミウシ。

e0189021_22523034.jpg
少し進むと今度はタコに遭遇した。

e0189021_22523021.jpg
周りを見るとクロヘリアメフラシがいて、偶然にもタコの様子をうかがっているように見えた(笑

e0189021_22523376.jpg
水深2mくらいまでは転石地帯だったがそれを過ぎると砂地が広がっていた。

e0189021_2252321.jpg
ゴカイ類が作ったと思われる砂山の上で、背中の膜を広げてあたかも飛び立ちそうな、先のとは別個体でクロヘリアメフラシ。(説明が長過ぎ)

e0189021_22523210.jpg
華麗に飛び立ったとは言い難いが、海流に乗って漂っていった。こんな移動方法もあるのだ。

e0189021_22523332.jpg
何もない砂地では人為的に設置されたロープも生物の拠り所になるようだ。
海藻がびっちりと付き、ウミトサカ類も立派に育っていた。

e0189021_22523528.jpg
そこに安住しているニジギンポ。

e0189021_22523678.jpg
スイの幼魚も同居していた。
背びれがちょんまげのようで、コロ助と名付けられた。
ちなみにスイは今まであまり見たことがなかったが、どうも冬の時期によく見られる魚らしい。

e0189021_22523537.jpg
序盤戦のほとんど水深3m以浅の画像で完結。

e0189021_22523697.jpg
それ以降の自然の岩場も生物が豊かだったが、またの機会に。
[PR]
by itn_m | 2011-02-24 22:51 | | Comments(2)

浮島海中記前編

想像以上に海のコンディションが良く、漕ぐか潜るか悩んだが、海中の方を選択した。

e0189021_21424365.jpg
駿河湾から見る富士山。
海に入る直前に気がついたので、こんな感じにしか撮れなかったが、違う角度から見る富士山は新鮮だった。

e0189021_21424344.jpg

e0189021_21424431.jpg
ウミトサカ類とウミシダ類が豊かな印象。
天気も良かったので色とりどりに見えた。

e0189021_21462622.jpg
こちらは同じ船に乗り合わせたウミウシ捜索グループ。
延々と探している姿に脱帽であった。

e0189021_21462749.jpg
数多く見つかった中でもレア物の一種を見せていただいた。
実はほとんど見えてなく(小指の爪より小さい)後ろ向きだわ、白飛びしているわ、せっかくのウミウシもネコに小判であった。
ちなみにボブサンウミウシという。

e0189021_21462733.jpg
イワシ類の群れに幾重にも囲まれて圧巻だった(これはさすがによく見えた)。

後編に続く
[PR]
by itn_m | 2011-02-24 21:39 | | Comments(0)

突発的西伊豆行

昨年とほぼ同時期に同じような場所に突発的に行ってきた。

e0189021_2329583.jpg
のんびり出かけたせいもあるが、到着したのは前回同様に日没間際だった。

e0189021_23321957.jpg
切り立った崖や洞窟が多いのが西伊豆の特徴だろうか。起伏に富んでいてどこも面白そうだ。
この崖はウミウ、洞窟はイワツバメのねぐらになっていた。
イワツバメは相当数が出入りしていたが、ウミウの方は狭い岩棚に1羽づつへばりついていて窮屈そうだった。

e0189021_23322033.jpg

e0189021_2332205.jpg

e0189021_2332217.jpg
水平線に沈む夕日が見られたと思ったのだが、対岸の御前崎辺りがわずかに陰になってしまった。
[PR]
by itn_m | 2011-02-23 23:28 | 外出記 | Comments(2)

悩ましい

所用で外房へ行った。
ルートを確認していたら、マップルのガイドブックに気になる写真があったので道中なので寄ってみた。

e0189021_1931874.jpg
狙った訳ではなく、このアングルでしか撮れない像。
というか正面の立ち姿はこの角度でしか見られない。
普通に見られないように設置するとはあっぱれである。

確かめてみる

e0189021_1931828.jpg
天気が良ければ爽快だったに違いない。
[PR]
by itn_m | 2011-02-21 19:18 | 外出記 | Comments(2)

ついにここまできた

先日の続き。
戻っている途中で荷物を置いたところに何やら黒い影が見えた。

!!

e0189021_19342457.jpg
荷物がカラスに荒らされているところだった。

かつてカップラーメンやらパンやらを盗られた経緯があったので、食べ物はザックの中にしまっておいたのにだ。
わずかに開いたジッパーの隙間からくちばしをねじ込んでいるようだ。で袋が引っ張り出されていた。

これはもはや強奪である。
野外で呑気にご飯を食べるなんてことはできなくなってしまうのだろうか。

検索すると同じような目に遭っている人がチラホラいる。
[PR]
by itn_m | 2011-02-18 19:41 | | Comments(0)

昨日の葉山

目まぐるしい天気が移り変わりが季節の節目を感じさせる。

e0189021_2194432.jpg
先月より若干透明度が落ちた感じがした。

e0189021_2194416.jpg
海中も目立ったのはチャガラがチラホラ程度。
その他、不明な稚魚の群れが少し。

e0189021_21124498.jpg
海藻を食むアメフラシ。

e0189021_21124580.jpg
e0189021_21153068.jpg
とにかく海藻が全盛期。まさしく海中林という感じだった。

e0189021_2115291.jpg
先月のソラスズメダイも健在だった。
潮も満ちてきたので退散したが、思いもかけないことが待ち受けていた。
[PR]
by itn_m | 2011-02-17 21:18 | | Comments(0)

氷の造形

これも日曜日の朝。

e0189021_22532945.jpg
e0189021_22533036.jpg
e0189021_22533027.jpg
e0189021_2253326.jpg
e0189021_22533272.jpg
どうしてこんな形になるのだろう。
不思議で面白い。
[PR]
by itn_m | 2011-02-15 22:59 | 家の自然 | Comments(2)

急に雪が降ってきたので

大騒ぎした先週末は空振りに終わり、ノーマークだった今日はどか雪になっている。

e0189021_2134750.jpg

e0189021_2134860.jpg
e0189021_213974.jpg
あと2時間もすればピークは過ぎると思われる。
夕方見た天気予報では雨マークだったのに今見たら雪マークに変わっていた。
場当たり的なことで良いのだろうか?

e0189021_21485182.jpg
30分ほどの間に子供が歩き回ったようだ。

明日お出かけのみなさま、お気をつけください。
[PR]
by itn_m | 2011-02-14 21:51 | 自然 | Comments(0)