人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

突発的局地的空模様

北から東の空に雲が広がると、ほぼ時を同じくして海上に縦筋に霞がかかった。

雨雲レーダーを見ると平塚辺りから鎌倉沿岸、そして三浦半島の東側にかけて雨雲がかかっていた。

e0189021_22374394.jpg
西側は晴れ。
e0189021_22382634.jpg
北から東にかけて黒い、でも白い雲が広がっていた。
家人からの連絡によるとその辺りは雪が降っていたそうだ。
局地的でごく一部に短時間だけ、雲もあっと言うまに広がり、あっという間に消えた雪雲だった。

e0189021_2240596.jpg
最後はファインアートのような夕焼けが広がった。
[PR]
by itn_m | 2011-01-30 22:46 | 自然 | Comments(2)
26日のダイビングで多く見られた生き物たち。

e0189021_2214451.jpg
まずはこちらのマナマコ。
深度5m辺りから三杯酢が足りないくらいゴロゴロいた。

e0189021_2214466.jpg
こちらも5m以深から増えてきたガンガゼ。
目玉のような突起物(肛門)とその周りの青い模様がSFチックな造形に拍車をかけている。

e0189021_2214413.jpg
溝やら隙間にビッチリいた。

e0189021_221458.jpg
同じくウニの仲間でアカウニ。
それほど多くはないがここら辺では一番美味しいと以前言われたことがある。
美味しいから獲られて少ないという訳でもなさそうだ。

e0189021_2214759.jpg
ナマコ、ウニと同じ棘皮動物仲間のヒトデ。
中でも一番目立ったのはアカヒトデ。
色のせいもあるかと思うが数も多かった。

e0189021_2214777.jpg
チャイロホウキボシと思われる。
伊豆八幡野では多く見られたが、ここではあまり見られなかった。
ちなみに八幡野では一本だけ腕の長い、正しくほうき星に見える個体が多かった(形を想像してください)が、このような形が本来の姿。

e0189021_2214884.jpg
これも比較的多かったイトマキヒトデ。
ダイビングで見るまでもなく潮溜まりでも観察できる(アカヒトデもだ)。
ヒトデの仲間は貝類などの水産資源を食べる上に、
サンゴを食べるオニヒトデというのもいるし、
あまり良いイメージを持たれていない気がする。
行動をよく見ると面白いのだが。
[PR]
by itn_m | 2011-01-28 22:33 | | Comments(0)

昨日の海

連日穏やかな日が続いたので突発的に潜ってきた。

e0189021_1925737.jpg
冬は海藻の時期。
カジメやホンダワラ類のほか、ワカメも美味しそうに育っていた。

e0189021_19304575.jpg
岩の割れ目にはイセエビ。手のひらほどのかわいいサイズが3〜4匹いた。

e0189021_19331599.jpg
砂地ではまたまた手のひらサイズのかわいいエイがハゼと鉢合わせして固まっていた。

e0189021_19331518.jpg
お腹がパンパンに膨れたメバルが多数見られた。
そろそろ子供を産む時期だろうか(メバルはお腹の中で卵を仔魚まで育てて、産む時期は12〜2月頃)

e0189021_1933166.jpg
今回の目玉? ノコギリガニと思われるが全体が見れなかったので不明。多くは体にフジツボやらカイメンやらを付着させているようである。

e0189021_19331772.jpg
上を仰ぎ見ると小魚の大群が舞っていた。シラス??

続くと思われる
[PR]
by itn_m | 2011-01-27 19:54 | | Comments(0)

今年の水場

最低気温が氷点下まで下がった先日のこと。
庭を眺めていたら久々に水場の訪問者を見ることができた。

e0189021_17423580.jpg
まずはアカハラ。
放置したプラケースの方にやってきた。

e0189021_17423598.jpg
しかし表面が完全に凍っているらしく飲めていないようだ。

e0189021_17575593.jpg

アカハラが苦戦している隙にムクドリが本来の水場で苦もなく水を飲み始めた。

e0189021_17451815.jpg
それを見ていたかどうかわからないが、ムクドリを追い払い独占した。

e0189021_17471773.jpg
かつてメダカがいた火鉢の水がめにはツグミがやってきた。
こちらも何となく放置し水が貯まっている。

e0189021_1750431.jpg
ヒヨドリもやってきて
e0189021_1750273.jpg
無理な体勢で水を飲もうとしていたが、
e0189021_17532312.jpg
ツグミが普通に乗れるほど完璧に凍っていたのであった。

e0189021_1824511.jpg
のんびりと水を飲むキジバト。

e0189021_1842268.jpg
最後に現れたのはシメ。
作りではなく、本当にこの通りの順番だったのだ。
[PR]
by itn_m | 2011-01-24 18:06 | | Comments(5)

不思議な夕焼け

雨が降らずとても乾燥した毎日。
全ての水分を日本海側で受け止めている感じだ。

ところで先日、といってももう2週間前のこと。
ちょっと珍しい現象?が見られた(忙しいのと夜空が続いたのでお蔵入りしていた)。

まずはこちら
e0189021_18492938.jpg
一度は分厚い雲に隠れた太陽が雲の下から出てきた。
でもかなりぼんやりしている。

e0189021_18493077.jpg
全体が出たが何かフィルターがかかっているように見える。
実はこの時、相模湾を縦断するように大きな雨雲がかかっていた。

e0189021_18493095.jpg
今度は沈む太陽。
ぼやけているのは強い雨越しに見えているからだったのだ。
雨が降っているのに夕日だけ見えるのも珍しいような気がした。

e0189021_18493162.jpg
上は青空、下は大水。

e0189021_18493171.jpg
日が沈み雨雲は見る見る間に広がったが、陸地まで雨が届くことはなかった。
[PR]
by itn_m | 2011-01-22 19:03 | 夕焼け | Comments(3)

今年最初の満月

e0189021_20193215.jpg
今年初めてとは意外だった。
今年の干支にちなんでいるので、お正月だったら良いタイミングだったのに。
[PR]
by itn_m | 2011-01-20 20:21 | | Comments(2)

再開発観察10

e0189021_179442.jpg
[PR]
by itn_m | 2011-01-19 17:09 | 駅前定点 | Comments(0)
日の出間近。

空気が急速に冷え込んでいく。

辺りは静寂に包まれ、

e0189021_18524635.jpg
川面からは湯気が立ち上がる。

そして気がつくと足下から瞬く間に凍り付いていた。

e0189021_18525097.jpg
話には聞いていたがリアルに体験した。

映画の1000分の1くらいの規模だけど。
[PR]
by itn_m | 2011-01-18 18:55 | 自然 | Comments(2)

寒波襲来

シーズンの最低気温を更新している毎日。

車に乗ったら視界が真っ白。

e0189021_2274774.jpg

e0189021_21561816.jpg
風景も険しい。
それもそのはず、西表島の最高気温が14.5度!! 奄美で雪!!!

e0189021_21582852.jpg
明日の予想天気図。
940hpaなんて並の台風以上!!!! アリ地獄のような等圧線が恐ろしい。
[PR]
by itn_m | 2011-01-16 22:00 | 備忘録 | Comments(0)

今年初撮影のツグミ

ちょくちょく来ているらしいのだが、タイミングが合わずきちんと見ることができなかった。

ようやく撮れたのだが、シャイな個体ですぐいなくなってしまった。

e0189021_21144374.jpg
去年常駐していたのとは違う個体に思える。

去年のはこちら

家人によるとアカハラ、ビンズイも来ているらしい。

こんなものでも貴重な水場のようだ。
[PR]
by itn_m | 2011-01-15 21:19 | | Comments(0)