人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

箱根追記

昨夜は決勝トーナメントの時間が差し迫っていたので、湿生花園で撮影した画像をチェックしきれずアップもできなかった。

あらためて見ると、名前を記録し忘れたり、箱根自生ではない植物ばかりだったり、湿地の植物でないものばかり撮ってきていてガッカリした(時期的にも少し外していた)。

e0189021_21471389.jpg
ニッコウキスゲ。
よく耳にしていて、見とかないとと思ったのだが、思いがけず見ることができた。
でも箱根には自生していません。
[PR]
by itn_m | 2010-06-30 21:52 | 自然 | Comments(0)

箱根再び

箱根は割りと近いのだが、あまり行かない場所である。なのでいまいち見所がわからない。

家人のリクエストで湿生花園を訪れた。

e0189021_22311735.jpg
ハナショウブにこんなにたくさん園芸品種があるとは知らなかった。

e0189021_2232258.jpg
自然回復実験をしている湿地。広大な面積を草刈りするのは大変そうだ。

e0189021_22335794.jpg
湿生花園を後にし、actくんの案内で箱根を散策する。
actくんが作った昆虫のすみか。しかしお目当ての昆虫は思い通りに集まらないらしい。

e0189021_22365858.jpg
こちらはイタヤハマキチョッキリが作った卵の揺籃。
その名の通り、イタヤカエデの葉を巻くチョッキリ虫である。ようやく覚えた。

e0189021_22405585.jpg
クリタマバチの虫瘤。きちんと虫瘤を押さえるところはさすがである。
先生もよろこぶことであろう。
actくん、お忙しいところありがとうございました。

e0189021_22424671.jpg
で今回一番気になったのがこれ。ついつい買ってしまった。
何しに箱根まで行ったのか…
actくんもこれを見たら、さぞがっかりすることだろう…
[PR]
by itn_m | 2010-06-29 22:47 | 自然 | Comments(2)

月夜の晩

e0189021_22264280.jpg
久々の月。
前日の夜は月食だったのだが、残念ながら見ることはできなかった。
河原ではゲンジボタルが舞っていた。
[PR]
by itn_m | 2010-06-28 22:26 | | Comments(0)

珍客登場(訂正版)

その黒い影は突然やってきた。

e0189021_2253466.jpg
家人にゴキブリに間違われたかわいそうな昆虫。

e0189021_22585092.jpg
この辺は砂浜だったところだからいてもおかしくない。

近い仲間のヒョウタンゴミムシは神奈川県の絶滅危惧II類になっているが、こちらのオオヒョウタンゴミムシは普通種のようだ。
同じような場所に住んでいるはずなのに何が違うのだろう?

と書いたのですが、クロカミキリでした。ヒョウタンゴミムシ特有のくびれが全然ないですもんね。
actくん、いやact様、ご指摘ありがとうございました。
見慣れないものを安易に決めつけない方が良いという良い教訓になりました。
ちなみにこの虫はマツの根元にいるらしいので、家の近所は格好の住処のはずです。
[PR]
by itn_m | 2010-06-27 23:02 | 家の自然 | Comments(1)

シジュウカラ顛末記

いろいろあってなかなかアップできなかったシジュウカラのその後。

1月前、オナガのプレッシャーを受けながらもしばらくの間は巣箱に居着いていた。

が、2週間ほど前からほとんど姿を見せなくなってしまった。

何があったかは不明だが、残念ながら営巣を放棄してしまったようだ。

ちょうどその頃、家人が巣穴からこちらを伺っている何物かの姿に気がついた。

e0189021_20582315.jpg
先週夕暮れにのぞいてみると確かに何かいる。

家人によるとその時は蛇だと思ったらしい(以前にもシマヘビが入ったことがあったので)。

日を変えて同じように巣穴から顔をのぞかせている様子が見られたが、どうも小さく感じたという。

そのうちに表に出てくるところを目撃。

前足がある。あれっ後ろにも足がある。???

図鑑を引っ張りだしてきて調べたら、どうもニホンヤモリではないかという。

e0189021_2182729.jpg
間違いなさそうだ。
いつもはかわいい感じがするのにこの角度だと印象が違って見える(ワニみたい…)。
ヤモリがシジュウカラを追い出したのだろうか? それとも手頃な空き家だと思って入ったのか。
確認から1週間経った現在居るかどうか不明。
[PR]
by itn_m | 2010-06-26 21:18 | | Comments(0)

長い1日

とても眠い。

が、今日は歴史的な日となった。
16年というわずかな歳月でベスト16に進出できたのだたから(自国開催以外で)。

早起きするとやはり良いことがあるようで、数年ぶりの知人に偶然巡り会った。
お互い驚きである。

帰りには数ヶ月ぶりに師にお会いすることができた。
バイクで並走しながらお話することを試みたが、渋滞していたとは言えさすがに無理だった。


e0189021_19325339.jpg
こちらも久しぶり。チョウチョウウオかと思ったら、チョウハンだった。
わりとお早い時期で驚き。
[PR]
by itn_m | 2010-06-25 19:34 | | Comments(0)

夕焼け再び

e0189021_21573699.jpg
この夕焼けなら明日もばっちり晴れでしょう。
天気予報も同じく。

e0189021_21582748.jpg
こんな形の雲は見たことがない。
何かの予兆だろうか?

e0189021_21591438.jpg
それにしても連日富士山がよく見える。
この時期こんなに見えちゃって良かったんだっけ?

ほかにもアップしたいことはあるのだが、あまりに見事だったので。
[PR]
by itn_m | 2010-06-23 22:00 | 自然 | Comments(1)
ということで、天気予報より言い伝えの方が家の付近では正しかったようだ。

ネコが顔を洗ったり、ツバメが低く飛んだ時は気をつけよう。

e0189021_203473.jpg
今日の出来事とは全く関係なく、先日の遠征でお蔵入りしたコムクドリの画像。
[PR]
by itn_m | 2010-06-22 20:35 | 自然 | Comments(0)

再開発観察3

e0189021_20372879.jpg
手前で何事か始まった。
[PR]
by itn_m | 2010-06-21 20:35 | 家の近く | Comments(0)

夕焼けの次の日は晴れ

e0189021_20223860.jpg
見事な夕焼けだが明日は雨模様らしい。
言い伝えはもはや通用しなくなってしまったのか。
それともただの迷信だったのか。
[PR]
by itn_m | 2010-06-21 20:24 | 自然 | Comments(0)