人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

三者三様

e0189021_22412780.jpg
巣を見張るシジュウカラ♂。奥に巣箱がある。

e0189021_22423881.jpg
それを狙っているかのようなオナガ。連日巣箱の様子を見に来ている。

e0189021_22433917.jpg
そばでたたずむヒヨドリ。ただ休んでいるだけなのか。何か考えているのだろうか。
[PR]
by itn_m | 2010-05-26 22:45 | | Comments(2)

再開発観察2

e0189021_20314728.jpg
あれから2ヶ月以上経ったが、右奥に建物ができつつあるくらいで大きな変化はなかった。
[PR]
by itn_m | 2010-05-25 20:33 | 家の近く | Comments(4)

オタマ最終回

ツバメの救出劇の一方で、その日の夜にヒキガエルの上陸作戦が始まっていた。
もうすでに何割かは上陸したあとかもしれない。

e0189021_20482386.jpg
hiyokoさんに怒られた時にはまだ後ろ足しかなかったのだが思いのほか変態が早かった。
図鑑によると孵化してから1〜3ヶ月、四肢が生えてから1週間で上陸するとある。
家のは孵化後約2ヶ月、脚を確認してから1週間未満だった。

どこか落ち葉の下で固まっているのだろうか。まだ上陸後の姿は確認できていない。
[PR]
by itn_m | 2010-05-23 20:55 | 家の自然 | Comments(2)

感動巨編の補足

感動巨編としたのだから完結すれば美しかったのですが、ちょっと補足。

e0189021_2055753.jpg
抜けた羽の一部。
左から尾羽、風切羽、体羽。
拾えなかったのですが他に風切3枚と体羽多数。
単なる事故ではなく襲われたようです。

救出する前に現場写真を押さえておけば良かったのですね。
ドキュメンタリーには少々説得力に欠けてました。
[PR]
by itn_m | 2010-05-21 21:01 | | Comments(6)
明けて次の日。
昼間は夏日の陽気だが、標高が高いところなので朝夕は気温も一桁台前半になる。
小屋の辺りを見たが気配はない。


どうなっただろうか。


昼頃、近くの電線にツバメがとまった。
近くにツバメはたくさん飛んでいるが、電線にとまるものは昨日と今日の今までいなかった。
何気なく見てみた。

e0189021_1941517.jpg
何だか薄汚れている。

e0189021_1952995.jpg
翼がボロボロだ。こんなツバメがそうそういる訳がない。

でも…
そんな調子の良いことが起こるなんてと疑心暗鬼になる。

e0189021_1984956.jpg
一生懸命羽繕いしている。
見ているうちに昨日のツバメだと確信した。

e0189021_19103276.jpg
しばらく見ているともう一羽やってきた。連れ合いだろうか。

e0189021_19113526.jpg
連れ合いが見ている前で飛び立った。

e0189021_19123421.jpg
青空の下、並んで飛んでいった。

それにしても野生生物の生命力とは。
小さな体で遠く南から飛んでくるためには、これくらいタフでなければならないのかもしれない。

おしまい
[PR]
by itn_m | 2010-05-20 19:19 | | Comments(3)
いろいろ迷ったが助けることにした。

拾い上げて、なぜ動けなかったのか納得。

カエルの卵が接着剤のように下面全体にこびりついていたのだった。

これを何とか洗い落とした。

e0189021_2362672.jpg
水分替わりに麦茶をあげたら、のどを鳴らして飲み込んだ。

しばらくそのままにして体が乾いたか確認しようとすると、勢い良く動き出し作業小屋の床の隙間に入り込んでしまった。

手が届かないし、出てくる様子もない。

後は自然の成り行きに任せるほかなくなった。

続く
[PR]
by itn_m | 2010-05-19 23:15 | | Comments(0)
e0189021_22405815.jpg

ツバメが落ちていた。

生乾きの田んぼに1羽のツバメが落ちていた。

周りには何ものかに襲われたのか、羽が散乱していた。

死んでいるかと思ったら、目をパチクリした。

! ! 生きている。

どうしよう。

続く
[PR]
by itn_m | 2010-05-18 22:52 | | Comments(2)

漂着物

e0189021_21441814.jpg
ドチザメ科のシロザメかホシザメかのどちらかか、どっちでもないか。ダジャレで逃げるしかない。

e0189021_2147887.jpg
歯はこんな感じ。抜け落ちた訳ではないようだ。
[PR]
by itn_m | 2010-05-15 21:48 | | Comments(0)

きれい? キモイ?

人によって評価が違う生き物、ウミウシ。
ウミウシが好きな人でも、ものによって感想はさまざまだ。
人の主観というものは面白い。

e0189021_1924277.jpg
オトメウミウシ

e0189021_19251799.jpg
サガミミノウミウシ
[PR]
by itn_m | 2010-05-14 19:27 | | Comments(2)
昨日、海での短時間の滞在中に家人が砂浜で大きなサザエの殻を拾った。
中に何かが入っているのだが、なかなか出て来ない。

e0189021_2030277.jpg
ようやく姿を見せた。
大きなイシダタミヤドカリだった。
きっと網に引っかかった殻を漁師さんが捨てたのだろうと思われる。
大きな体だが、選んだ殻が大きすぎるのかとても重そうにしている。
ほとんど動かないのだが、しばらく観察したいと思う。
[PR]
by itn_m | 2010-05-13 20:33 | | Comments(2)