人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:自然( 299 )

春の田んぼ

e0189021_22260175.jpg

田んぼ作業が始まった


e0189021_22260264.jpg

雑草の間に隠れていた生き物が作業の合間に出てくる。
尾がないヒガシニホントカゲ。何かに襲われたのだろう

e0189021_22260251.jpg

掘り起こした畦から出て来たシュレーゲルアオガエル。
産卵準備を邪魔してしまった

e0189021_22260301.jpg

田んぼ周囲にも野草の花が咲き乱れていた。
ヤマブキ

e0189021_22260429.jpg

タネツケバナ。
この花が咲く頃に種をまく準備をする

e0189021_22260494.jpg

ヘビイチゴと思われる花。
語源由来辞典によれば「中国でヘビが食べるイチゴと考えられていたから、このイチゴを食べる小動物をヘビが狙うから、ヘビの出そうなところに生えることから」などと解説されている。




[PR]
by itn_m | 2017-04-16 22:40 | 自然 | Comments(0)

天気急変の一日

天気が荒れる予報だったが、比較的穏やかだった午前中に仕事は一息ついた。
すると西の方からあれよあれよと黒い雲が接近し強い雨が降り出した。
大急ぎで退散し、帰路につく途中で雨は上がった。

e0189021_20382425.jpg
しかし目的地方向では、またしても不穏な雲が広がって来た

e0189021_20382585.jpg
帰宅してホッとしたのもつかの間、どかどかと音を立てて大粒の霰が降ってきた。
あっという間に真っ白になった





[PR]
by itn_m | 2017-02-10 20:34 | 自然 | Comments(0)

こういう人は本当に困る

e0189021_1828315.jpg
澄んだ空にトビ柱が出来ていた。
カラス類も多数混じって何だか穏やかじゃない様子。
歩く人も不安そうに空を見上げていた。
気持ちの良い空に似つかわしくない光景だ

e0189021_1828385.jpg
原因はこのオヤジ。
大きなビニール袋一杯に入ったパンクズを撒いていたのだ。
緑地がどんどんなくなる一方で特定の種だけ増えていく悪循環。

困ったことである
[PR]
by itn_m | 2016-12-16 12:27 | 自然 | Comments(0)

記録的降雪

e0189021_18273651.jpg
首都圏での降雪は54年ぶり。
しかも積もったのは観測史上初記録らしい。

ちなみにこの日の最高気温は午前1時の6.9℃。
順調に下がり、日中の平均気温はおよそ2.1℃。
10月に夏日があったり11月に真冬日があったり。
気象も不安定
[PR]
by itn_m | 2016-11-24 18:27 | 自然 | Comments(0)

寒立馬

本州の北端に近い尻屋崎にその馬はいた

e0189021_18154523.jpg
寒立馬と呼ばれている

e0189021_18154533.jpg
意外と小型

e0189021_18154576.jpg
そして比較的自由

野生馬と思っていたのだが、この地域で寒さや飢えに耐えられるように品種改良された農耕馬であった。
時代が変わり需要が減ったためか、生息数が減少し保護しているらしい。
青森県の天然記念物に指定されている
[PR]
by itn_m | 2016-11-20 18:15 | 自然 | Comments(0)

霧と紅葉

e0189021_17201498.jpg

e0189021_17201438.jpg

と言いつつ、青々としていたりする
[PR]
by itn_m | 2016-11-02 17:19 | 自然 | Comments(0)

今年の紅葉は遅い?

e0189021_20304587.jpg
仕事で行った奥多摩.。
標高1400mほどでこのくらい。9月の日照不足が影響しているのだろうかe0189021_20304607.jpg
直径1mほどのカツラの巨木。
よく植栽されているが、自然にあるものは美しさが違う気がする。
しかもこの樹が生育しているのは地盤が弱くよく崩れるところ。
よくがんばって大きくなったものだと感心せずにはいられない




[PR]
by itn_m | 2016-10-28 20:39 | 自然 | Comments(0)

稲刈りの日

e0189021_23243560.jpg
天気予報とは微妙に違って、久々の晴天に恵まれた

e0189021_23243534.jpg
青空の風景写真も久しぶり

e0189021_23243695.jpg
稲刈り作業中にいろいろな生物を観たが、作業で忙しく写真が撮れなかった。
自分の頭の上に乗っていたので記録。
これはハラビロカマキリで腕の三つの突起が特徴。

e0189021_23243640.jpg
こいつはちょっと違うなぁ、と接写したら激しく睨まれた。
まさしくハンターという顔つきのオオカマキリ

e0189021_23243782.jpg
役目が終わった案山子。
このままにしておけば人避けの効果は絶大であることは間違いない
[PR]
by itn_m | 2016-10-02 23:37 | 自然 | Comments(0)

見た目で得をする?

e0189021_21483580.jpg
野外での仕事中。
三脚をとことこ登ってくる生き物がいた

e0189021_21483659.jpg
ハートマークが特徴のエサキモンツキカメムシ。
カメムシの仲間は触ると独特の臭いを出すので、一般的には好かれない昆虫だろう。
しかしこの種類はハートマークがチャームポイントになっているので、人受けは良い昆虫だと思われる

e0189021_21483652.jpg
背中だけではなく顔つきもなかなかにかわいい

見た目が良いと得をするのは人だけではないようだ
[PR]
by itn_m | 2016-09-29 22:15 | 自然 | Comments(0)

自然との触れ合い

といってもいろいろある。
野外で仕事をしていると、チョウがやってきてまとわりつくことがある。
ヒマな時は何だか歓迎されているようでうれしくなったりするのだが…

e0189021_23141377.jpg
ウラギンシジミ。
時期にもよるが、接触頻度の高いチョウ類

e0189021_23141538.jpg
気がつくと車のハンドルにずっと止まっている

実はこの種類、おそらくミネラル分を求めてやって来ているのである。
特にウラギンシジミは汗がついている部分によくとまって動き回ってる。
きれいなチョウがきれいな花に来るとは限らないのだ
[PR]
by itn_m | 2016-09-27 23:25 | 自然 | Comments(0)