人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:自然( 326 )

カエルの卵を探しに

e0189021_21352708.jpg
昨夜雨が降り気温が上がったので、これは産卵しただろうと三連休中日にも関わらず田んぼに行った。
が、水は貯まっているものの、卵隗はおろか成体も見つからなかった

e0189021_21352660.jpg
快晴の空ではノスリ(中央下のほこりみたいなの)が旋回飛翔

e0189021_21352657.jpg
1月下旬の卵隗は発生が進んでいた。
次のチャンスは何時だろう







[PR]
by itn_m | 2018-02-11 22:00 | 自然 | Comments(0)

冬の田んぼ

e0189021_21585333.jpg
ちょっと時間が出来たので田んぼの様子を見てきた。
心配されたイノシシ?は足跡が少しあったくらい。
畦など掘り返されている感じはなかった。
まだまだ冬という装い






[PR]
by itn_m | 2018-01-16 22:22 | 自然 | Comments(0)

越冬昆虫

e0189021_22051990.jpg
今日の最高気温は10度を下回っていた。
にも関わらずウラギンシジミがぱたぱたと飛び回っていた

e0189021_22051823.jpg
翅を広げて日光浴。
確かに太陽の当たっている風当たりのない場所はポカポカだったが、動いて大丈夫なんだろうか

e0189021_22051957.jpg
落ち葉の上に固まっていた甲虫。こちらは集団越冬をしているようだ。
ネット検索で一番近かったのはスジカミナリハムシだったがどうなんだろう。
ちなみにこの感じに近い写真は、ほとんど北海道のサイトだった。
北海道に多いハムシなら関東の寒さなど感じないかもしれない




[PR]
by itn_m | 2018-01-11 22:29 | 自然 | Comments(0)

光と影

e0189021_23091598.jpge0189021_23091602.jpg
ちょっと光が射すだけで全く印象が違う。
どの瞬間を見るかで、その土地の印象も変わってしまうだろう





[PR]
by itn_m | 2017-11-21 23:14 | 自然 | Comments(0)

一足早い白銀の世界

e0189021_20424824.jpg
東北での仕事のとき。
前日まで雨だったが、あれよあれよと雪になり、こんなになった。
ちゃんとしてないと遭難するのもうなずける



[PR]
by itn_m | 2017-11-16 18:29 | 自然 | Comments(0)

今日は籾摺

e0189021_22084833.jpg
先月干した稲。
二度の台風で延び延びになっていたが、脱穀も終わりようやく籾摺まで漕ぎ着けた。
これで今年の米作りはひとまず無事終了

e0189021_22084957.jpg
近くの柿の木にはおこぼれを頂こうとスズメが大挙して待っていた




[PR]
by itn_m | 2017-11-12 22:17 | 自然 | Comments(0)

造形美?

e0189021_22424124.jpg
排水パイプの中に足がたくさんの生き物がいた。ゲジと思われる。
ほかの排水パイプではシロマダラ、ヤモリなども見られた。
排水パイプ内は意外と面白い生き物ウォッチングポイント




[PR]
by itn_m | 2017-11-08 22:48 | 自然 | Comments(0)

脱穀

e0189021_21470356.jpg
作業中に手袋から出てきた


e0189021_21470359.jpg
掛け干しの支柱のクモの巣

実に二週間延期後、ようやくここまで漕ぎ着けた。








[PR]
by itn_m | 2017-11-05 21:50 | 自然 | Comments(0)

雲取山

二週連続の台風一過後。
今回の方が速度が速かったので、天気の回復も早かった。

e0189021_18332812.jpg
青空のもと、雲取山山頂を目指す。

e0189021_18332981.jpg
標高の低いところはまだ葉の色づきもまだまだという感じ。
というよりも紅葉する前に強風で散ってしまった樹も多い。

e0189021_18332990.jpg
空気が澄んで富士山もよく見えた。
先週に冠雪したはずだが、全体的に再び黒くなった

e0189021_18333148.jpg
雲取山山頂。標高は2017mなり。
今年は西暦2017年。年と標高が同じなので記念登山をする人が多いようである。
この日は山荘泊

e0189021_18333196.jpg
翌日の日の出前。
多くの人が日の出を見ようと待ち構えていたが、残念ながら地平線付近は厚い雲に覆われていて、赤いものがちょっと見えただけだった

e0189021_18333193.jpg
霜柱。昨日も水場の洗面器に氷が張っていた。
昨晩の気温は-4℃だったらしい。そこからほぼ気温は横ばい

e0189021_18333293.jpg
シダからしみ出した水がつららになっていた。
天気は良いが風は冷たい。山の上は一足早い冬模様





[PR]
by itn_m | 2017-10-31 18:31 | 自然 | Comments(0)

冷たい雨

e0189021_21013346.jpg
昨日の夜、急に予報が変わった。
聞いてないよー、とダチョウ倶楽部を真似してしまうのは何回目だろう





[PR]
by itn_m | 2017-10-25 21:10 | 自然 | Comments(0)