人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m

2010年 08月 28日 ( 1 )

ダイヤモンド富士

何でも今が三浦、湘南辺りでは良い時期らしく、ちょうど富士山も見えていたことだし何となく観てみることにした。(ダイヤモンド富士と言うものがよくわかっていなくて、頂上に太陽が重なる状態のことだと思っていた)

e0189021_21195593.jpg
ポイントにはカメラマンがズラリと。隣の海岸に入りきれない人も流れてきたとか

e0189021_21213629.jpg
確かにてっぺんに重なった

e0189021_21224365.jpg
沈むにつれ、若干右にずれていく

e0189021_2124192.jpg
とっぷりと沈んだ

{ダイヤモンド富士(ダイヤモンドふじ)は、富士山の山頂部と太陽が重なる大気光学現象である。皆既日食の際の「ダイヤモンドリング」になぞらえ、太陽がダイヤモンドのように美しく見えるためこう呼ばれている。}(ウィキペディア:ダイヤモンド富士より)

そうだったのか、ちっとも知らなかった。
どうだろう、ダイヤモンドに見えだろうか? そう見えないのは腕が悪いからだと思う。

e0189021_21261057.jpg
いずれにせよ明日もきっちり晴れて暑くなりそうだ。
[PR]
by itn_m | 2010-08-28 21:34 | 富士山 | Comments(6)