人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

西伊豆の海その2

e0189021_035865.jpg
西伊豆2日目はカヤックで2kmほどの隣の海岸に行くことに。
実に1年ぶりのカヤック漕行

e0189021_035940.jpg
暗礁多く、うねりもあるので少々緊張したが、岬を越えると目の前には富士山が見えた。
海面にはサメやらカメやら現れた。
カメはおそらくアオウミガメ。顔を出して我々を確認すると水中へ消えた。
サメは背中だけだったのでよくわからず。3回見たが、3個体いたかは不明。どれも1m50cn程度

e0189021_035917.jpg
無事海岸に到着。
人が意外と少ないのは途中の深みで隔てられた海岸に接岸したからである

e0189021_04020.jpg
メインの浜は足の踏み場もないほどテントやらシートが引き詰められていた

e0189021_04045.jpg
ここにはサンゴイソギンチャクやソフトコーラル類、エダサンゴ、キクメイシ類が多かった。
ほんの少ししか離れていないのに目につく生物の差が面白い

e0189021_04126.jpg
隣では見つけられなかったサラサエビも簡単に見ることができた

e0189021_020344.jpg
黙ってこれだけ見せれば、沖縄と言っても疑われないかもしれない

e0189021_020317.jpg
西伊豆に来るとよく見られるオイランヤドカリ。三浦では見たことがない

e0189021_020310.jpg
一番感動したのはこの魚。テッポウエビと共生するダテハゼである

e0189021_02045.jpg
そして巣穴をちゃっかり間借りするハナハゼ。
水深3mに満たないところで見られる場所はここのほか、阿嘉島のとある場所しか知らない。
それだけに貴重な場所に思えた。

テッポウエビ、ダテハゼ、ハナハゼの3種が一同に会すところを見られたのだが、残念ながら写真には撮れなかった。

e0189021_020447.jpg
初めてと言っていいほどきれいに撮れたチョウチョウウオ幼魚。
三浦だと見つけてもすぐ穴に隠れてしまうのだ

ここが40年ほど前にヘドロで大変だった海とは思えないほどきれいだった
[PR]
Commented by X-FILE at 2015-08-13 13:48 x
ここの海岸は以前よく行きました。ヒリゾに続き好きな海岸です!最近はもっぱら伊豆の島ばかりですが(笑)4枚目の写真の虹も綺麗です!!
Commented by itn_m at 2015-08-16 17:48
穴場のような海岸をご存知とは遊び人ですね(笑
しかし夏の土日は夜か早朝到着してないと入れないでしょうね。本当に足の踏み場がなかったですから…

4枚目の虹、ご指摘ありがとうございます。今気がつきました(^^;
by itn_m | 2015-08-09 00:03 | | Comments(2)