人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

辻堂海岸漂着物調査

とても脅かされた台風17号であったが、あっさり通過して行ったという印象だった。
日が変わる前に満月も見られたし。

台風一過と休日が重なったので、海岸に出かけてみると

e0189021_1817793.jpg
思った以上に何も打ち上がっていない。
むしろきれいに掃除された感もあった。
どうしてこんなに漂着物が少ないのだろう。

少々拍子抜けしたが歩いてみる。

e0189021_18191130.jpg
ポツンと流れ着いていた。漂着物の王道ヤシの実。

e0189021_18303092.jpg
ダンベイキサゴ
この辺りの海岸では多く見られた貝の1つだが、非常に少なくなった。
今回も一カ所で数えられる程しか見当たらなかった。

e0189021_18332319.jpg
バカガイ。
かわいそうな名前だが、中身はアオヤギという寿司ネタである。
これも非常に少なくなった。
20年くらい前は生きているのを拾って食べた記憶がある。

e0189021_18384978.jpg
モミジガイの三連星
今回一番多く見られた。以前もよく打ち上がっていた。

e0189021_18413754.jpg
マガキ
貝殻はよく打ち上がっていたが、生きているのは初めて見た。
鮮度は良さそうだが、持ち帰るのはやめておいた。

e0189021_18442165.jpg
ゴバンノアシ
エボシガイが付着しまくっているが、今回の一番うれしかった一品。
沖縄にしか生えていないらしい。
でも最近は観葉植物として販売されているとか。
そういうのではなく、黒潮に乗って来たことを信じたい

e0189021_1850884.jpg
[PR]
by itn_m | 2012-10-01 18:53 | | Comments(0)