人はどこから来てどこへ行くのか、という深遠なテーマとは全く無関係な日常の記録


by itn_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

鳥も撮ってみた

e0189021_23155341.jpg
ホシハジロ♂

e0189021_23155383.jpg
ホシハジロ♀
どちらも背中の水滴がすごい。羽毛ってこんなに水をはじくんですね

e0189021_23155381.jpg
シジュウカラ
木の実をくわえている

e0189021_23155469.jpg
ハシブトガラス
くちばしの付け根がたくさんの羽毛で覆われている

e0189021_23284792.jpg
アオジ
冬になって低地に移動してきた。薮が好きで探すのが大変である

e0189021_23155492.jpg
我慢して隠れて待っていると観やすいところに出て来ることも。
自然観察は忍耐である




[PR]
# by itn_m | 2017-12-11 23:37 | | Comments(0)

月も撮ってみた

e0189021_21124372.jpg
今年最大の満月の前の日。
空気も澄んでとても明るく見えた

[PR]
# by itn_m | 2017-12-03 21:11 | | Comments(0)

新しいレンズで

e0189021_23035306.jpg
ちょっと時間が遅くやや霞んでしまった。
でもなかなか良いのではないかと思う。

[PR]
# by itn_m | 2017-12-03 12:06 | 富士山 | Comments(0)

久しぶりに観た冬鳥

e0189021_11354018.jpg
キレンジャク。
秋田での仕事の途中で実に数年ぶりに出会った。
この冬鳥は年によって渡来する数の変動が大きいようである。
100羽以上の群れが観られるところもあるようで今年は当たり年なのかもしれない

e0189021_11354164.jpg
よく見ると赤い粒状のものがぶら下がっている。

キレンジャクは越冬期には植物の実を食べる鳥。
中でもヤドリギ類の実をよく食べるようである。
このヤドリギは樹に寄生する植物で地面では発芽しない。
粘着力のあるその実を鳥が食べて樹上で糞をすることにより、粘り気のある実が樹の枝にくっついて発芽するのである。
それでは最初のヤドリギはどうやって発芽したのだろう。
卵が先か、ニワトリが先かと同じく実に不思議だと思う。

ちなみによく似た鳥にヒレンジャクがいるが、こちらは西日本に飛来することが多いようだ。
こちらのキレンジャクは北日本に多いようで、いずれにしても関東では珍しい冬鳥かもしれない。




[PR]
# by itn_m | 2017-11-26 20:25 | | Comments(0)

光と影

e0189021_23091598.jpge0189021_23091602.jpg
ちょっと光が射すだけで全く印象が違う。
どの瞬間を見るかで、その土地の印象も変わってしまうだろう





[PR]
# by itn_m | 2017-11-21 23:14 | 自然 | Comments(0)